SENSE

アルバム
『SENSE』ジャケット
『SENSE』~16thアルバム~

切実に音楽と向き合い続け、持てる情熱のすべてを叩き込んだという、2010年12月発表のアルバム。映画『Mr.Children/Split The Difference』のエンディング曲「Forever」ほか、全曲初CD化 […]

続きを読む
SENSE
『SENSE』ジャケット
『 I 』~自分が一番可愛い?~

サイケな雰囲気を持つミディアム・ロック・チューン。アコギのカッティングとドラムによる不穏なイントロから、“もう いいでしょう!?”と桜井の絞り出すような歌声で曲の雰囲気を一気に決定づける。“ I ”に向けて放つ自嘲的な内 […]

続きを読む
SENSE
『SENSE』ジャケット
『擬態』~トビウオニギタイ~

夏を感じさせる爽やかなアルペジオで幕を開けるポップ・ナンバー。鮮やかなサウンドに若干の湿度を帯びたメロディ・ラインを乗せたミスチルならではの一曲。目や耳じゃないところを使ってさまざまに“擬態”したものの本質を見抜くんだ、 […]

続きを読む
SENSE
『SENSE』ジャケット
『HOWL』~そしてバタフライ~

力強いビートに合わせ“HOWL(遠吠え)”するようなシャウトが印象的な、シンプルなロック。輝いて見えたモノがガラス玉だと気付いても“夢見なくちゃつまんねぇ 淡々と死んでいきたくはない”という、がなるような歌唱が胸を打つ。 […]

続きを読む
SENSE
『SENSE』ジャケット
『I'm talking about Lovin'』~君は運命の人~

片思いの恋を綴った爽やかで甘酸っぱいラヴ・ソング。“君は運命の人”と自らに言い聞かせながらも、あと一歩を踏み出せない切ない恋模様を描き上げる。“Oh... I'm talking about Lovin”と歌うサビのコー […]

続きを読む
SENSE
『SENSE』ジャケット
『365日』~君に捧げる愛の詩~

愛しい君への想いを書き連ねた“心に綴るラブレター”のようなミディアム・バラード。心温まるメロディと小林武史のストリングス・アレンジが見事に合わさった、Mr.Chirdlenの真骨頂ともいえる一曲だ。NTT東日本・NTT西 […]

続きを読む
SENSE
『SENSE』ジャケット
『ロックンロールは生きている』~Not Dead~

意表をつくテクノ調のイントロで幕を開けるロック・チューン。窮屈で鞭打たれるような時代に対する怒りを“ロックンロール”と表現し、“闇を蹴っ飛ばせ”と鼓舞するように歌う。目まぐるしい展開に合わせた、仰々しくも感じられるアレン […]

続きを読む
SENSE
『SENSE』ジャケット
『ロザリータ』~匿名を使って~

イントロのフルートの音色が印象的なミディアム・バラード。“さよならなんて言わないで”と去っていった恋人を想い、うなされるようにささやく“ロザリータ”の歌唱が胸を打つ。昭和を感じさせるような官能的な雰囲気が全体を覆う、懐か […]

続きを読む
SENSE
『SENSE』ジャケット
『蒼』~静かに 密かに~

ピアノを中心にしたサウンドをバックに、桜井が情感たっぷりに歌い上げるバラード。自らの使命あるいは夢にひたむきに立ち向かうも“ただただ自分の身の丈を知らされ”る悲しみを描き出す。4分弱と比較的短いが、シンプルなアレンジなが […]

続きを読む
SENSE
『SENSE』ジャケット
『fanfare』~ヨーソロー!~

アニメ映画『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』主題歌。まさに“ファンファーレ”風に幕を開ける、ストリングスやホーンを駆使した壮大なロックだ。“ヨウソロ”“デカい帆をはれ”と映画を意識したフレーズを多 […]

続きを読む
SENSE
『SENSE』ジャケット
『ハル』~世界は素晴らしいなって少し思えた~

鮮やかなサウンドに乗せて、優しく頬をなでる“春”の風を描くミッド。誰もいない道に合図を告げる信号機に対し“愛想などない でも律儀で 誰かに似てる気がした”と綴る豊かな感性、そして語りかけるように優しくも力強い息吹を感じる […]

続きを読む
SENSE
『SENSE』ジャケット
『Prelude』~飛び乗れ!~

爽やかなギターのバッキングで幕を開ける色彩豊かなロック。“光の射す方へ”“英雄(=HERO)”といった詞や散りばめられたメロディからは、彼らの過去作を想起させるところも。過去を振り返ることが新しい未来への“プレリュード( […]

続きを読む
SENSE
『SENSE』ジャケット
『Forever』~自分もまた変えていける~

映画『Mr.Chirdlen/Split The Difference』エンディング・テーマ。ピアノを基調とした穏やかなサウンドにのせて、終わった恋を悲しくもどこか温かく振り返るミッド・バラード。“Forever” に対 […]

続きを読む