アルバム『It's a wonderful world』のメッセージが凝縮されたようなアルバムのテーマ曲。ポップスにおける永遠のテーマとも言える“この素晴らしき世界”を実にユニークに綴っている。

It's a wonderful world [4:13]

アルバムIT’S A WONDERFUL WORLD
発売日2002年5月10日
曲順15/15
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
『01. overture 02. 蘇生 03. Dear wonderful world 04. one two three 05. 渇いたkiss 06. youthful days 07. ファスナー 08. Bird Cage 09. LOVE はじめました 10. UFO 11. Drawing 12. 君が好き 13. いつでも微笑みを 14. 優しい歌 15. It's a wonderful world』ジャケット
桜井和寿

これからも僕はいっぱい寄り道をして、いっぱいボケーっとして、無駄な時間の中で何かを感じて…ということを大事にしていきたい。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

人生まだ捨てたもんじゃない、まだやれるって力をくれる一曲。

FATHER&
MOTHER

「あなどらないで」って日本語を歌詞に入れたセンス。

FATHER&
MOTHER

『深海』からこの曲に至るまでの流れ、狂おしいほど好きです。

一番

イントロ(57sec)

Aメロ

Oh Baby
通り雨が上がるまで
カプチーノでも
頼んで待とうか?
この醜くも美しい世界で

Mr.Children/ It's a wonderful world  作詞:桜井和寿

Bメロ

無駄なものなど
きっと何一つとしてないさ
突然 訪れる
鈍い悲しみであっても

Mr.Children/ It's a wonderful world  作詞:桜井和寿

サビ

忘れないで
君のことを
僕は必要としていて

Mr.Children/ It's a wonderful world  作詞:桜井和寿

同じように
それ以上に
想ってる人もいる

Mr.Children/ It's a wonderful world  作詞:桜井和寿

あなどらないで
僕らにはまだ
やれることがある

Mr.Children/ It's a wonderful world  作詞:桜井和寿

手遅れじゃない
まだ間に合うさ
この世界は今日も美しい
そうだ美しい

Mr.Children/ It's a wonderful world  作詞:桜井和寿

Aメロ

Oh Baby
通り雨が上がったら
鼻歌でも歌って歩こう
この醜くも美しい世界で

Mr.Children/ It's a wonderful world  作詞:桜井和寿

アウトロ(57sec)

あとがき

アルバム序盤の『Dear wonderful world』と対になっている表題曲。この構成は過去にも『シーラカンス』と『深海』でありましたね。2曲が連続で演奏されないからこそ、その繋がりに想像が膨らみます。シングルでは味わえないアルバムならではの醍醐味です。

時系列的には『Dear - 』の「君の身の上話のひとつでも聞かせてよ」から少しあとでしょうか。歌詞から君の身の上話がかなり重たい内容だったと想像できます。前曲『優しい歌』の冒頭であるように、差し出される救いの手にも気が付かない精神状態なのかもしれません。それに対して僕かけた言葉がこの曲のサビとなっています。

口に出すのも照れてしまうようなまっすぐで優しい言葉の数々。もう全部が名言です。「君」を自分と置き換えて聞いていつも励まされてます。まさに、“誰かの為に小さな火をくべるよな 愛する喜びに満ちあふれた歌”!

LIVE映像作品

桜井和寿

大きなことを歌っているので、それに見合うスケール感が欲しかったんです。結果的に最後はすごく壮大なものになりましたね。

NEXT

『シフクノオト』ジャケット
『シフクノオト』~11thアルバム~

前作『IT'S A WONDERFUL WORLD』から約2年ぶり通算11枚目のアルバム。タイトルからもわかるように、“音を鳴らす”幸福感に包まれた全12曲を収録。「掌」「くるみ」「タガタメ」「HERO」といった話題のナ […]

Read more