NTT東日本CMソングとなった31枚目のシングル。美しいメロディに包まれた力強いヴォーカルが背中をそっと押してくれるミディアム・バラードだ。傍にいることだけが人間同士の繋がりではない。言葉はなくとも、相手を心で見つめることでも人と人は繋がっている、と教えられる。映画『恋空』主題歌。

旅立ちの唄 [5:37]

シングル31st
発売日2007年10月31日
アルバムSUPERMARKET FANTASY
発売日2008年12月10日
曲順6/14
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
Mr.Children 2005-2010
桜井和寿

人生に迷った時、誰かにとってこの曲が、そして音楽が明日を指し示すコンパスになれれば。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

涙が止まりません。

FATHER&
MOTHER

居ない人を思って辛く苦しくなると、思い出して聴いています。

FATHER&
MOTHER

Against All Gravityツアーで聴いて、ますます好きになりました。

一番

イントロ(20sec)

Aメロ

怖がらないで。
手当たり次第に
灯り点けなくても
いつか一人ぼっちの夜は
明けていくよ

Mr.Children/旅立ちの唄 作詞:桜井和寿

Aメロ

転んだ日は
はるか遠くに感じていた景色も
起き上がってよく見ると
なんか辿り着けそうじゃん

Mr.Children/旅立ちの唄 作詞:桜井和寿

Bメロ

君の大好きだった歌
街に流れる
それは偶然が僕にくれた
さりげない贈り物

Mr.Children/旅立ちの唄 作詞:桜井和寿

サビ

Ah 旅立ちの唄 
さぁ どこへ行こう?

またどこかで出会えるね
Ah とりあえず 「さようなら」

Mr.Children/旅立ちの唄 作詞:桜井和寿

自分が誰か分からなくなるとき
君に語りかけるよ
でも もし聞こえていたって
返事はいらないから…

Mr.Children/旅立ちの唄 作詞:桜井和寿

二番

桜井和寿

凄く壮大なことを言うとひとつの出会いが、遺伝子レベル、次の世代にまで影響してように何かを変えていくというか。だから、それだけ人と人との出会い、そして、人の命そのものを大切に思ってる唄だと思うんです。

Aメロ

大切なものを失くして
また手に入れて

そんな繰り返しのようで
その度 新しくて

Mr.Children/旅立ちの唄 作詞:桜井和寿

Aメロ

「もうこれ以上 涙流したり
 笑いあったりできない」
と言ってたって
やっぱり人恋しくて

Mr.Children/旅立ちの唄 作詞:桜井和寿

Bメロ

今が大好きだって
躊躇などしないで言える

そんな風に日々を刻んでいこう
どんな場所にいても

Mr.Children/旅立ちの唄 作詞:桜井和寿

サビ

Ah はじまりを祝い歌う最後の唄
僕は今手を振るよ
Ah 悲しみにさようなら

Mr.Children/旅立ちの唄 作詞:桜井和寿

疲れ果てて足が止まるとき
少しだけ振り返ってよ
手の届かない場所で
背中を押してるから

Mr.Children/旅立ちの唄 作詞:桜井和寿

<間奏>(19sec)

大サビ

Ah 旅立ちの唄 
さぁ どこへ行こう?
またどこかで出会えるね
Ah とりあえず「さようなら」

Mr.Children/旅立ちの唄 作詞:桜井和寿

自分が誰か忘れそうなとき
ぼんやり想い出してよ
ほら 僕の体中 
笑顔の君がいるから
背中を押してるから

Mr.Children/旅立ちの唄 作詞:桜井和寿

でも返事はいらないから

Mr.Children/旅立ちの唄 作詞:桜井和寿

あとがき

“旅立ち”はいい意味ではなく“死”を表してると気づいてからこの曲の受けとめ方がだいぶ変わりました。『SUPERMARKET FANTASY』というキラキラしたパッケージで包装されてるから明るい印象を受けますが、残された人の目線で唄われてる曲として聴くと自然と泣けてきます。「花の匂い」しかり、ポップ成分100%ではないのがアルバムを何度もリピートしてしまう要素になっています。

LIVE映像作品

MUSIC VIDEO

桜井和寿

「旅立ちの唄」は終わりの歌でもあるけれど、始まりの歌、始まりを祝福する歌でもあるので、ライブの終わりに届けたいなと思って

Mr.Children HOME TOUR 2007 -in the field-

NEXT

『口がすべって』~心は理解しがたいもの~

価値観や考え方の違いで理解し合えないこともあるけれど、許し合う良さも持っていると語るコンシャスなナンバー。国際理解という民族の課題を、口をすべらせて怒らせたという日常的なことに言い換え、人懐っこい歌唱で描写した構成が素晴 […]

Read more