価値観や考え方の違いで理解し合えないこともあるけれど、許し合う良さも持っていると語るコンシャスなナンバー。国際理解という民族の課題を、口をすべらせて怒らせたという日常的なことに言い換え、人懐っこい歌唱で描写した構成が素晴らしい。

口がすべって [4:13]

アルバムSUPERMARKET FANTASY
発売日2008年12月10日
曲順7/14
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
桜井和寿

最初と最後に入ってる声は小林さんのアイデアです。

小林武史

「口がすべって」だから唇がすべるような感じのイメージを入れてます。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

男女の喧嘩→世界の戦争→ラストで双方が対話で許し合い平和となる。哲学のような詞ですね!

FATHER&
MOTHER

好きな歌!自分自身を許し癒やそうと思えました!

FATHER&
MOTHER

小栗旬がテレビでこの曲が好きって言ってたな

一番

桜井和寿

最近、ニュースを見てるともうどんな風に考えたらいいのか、自分がどういう風に行動したらいいのか分からないような理不尽な事件がたくさん飛び込んできて。今年は戦後70年ということで、少しだけ平和について考えながらこの曲をお届けしたいと思います。

イントロ(8sec)

Aメロ

口がすべって
君を怒らせた
でも間違ってないから
謝りたくなかった

Mr.Children/口がすべって 作詞:桜井和寿

分かってる
それが悪いとこ
それが僕の悪いとこ

Mr.Children/口がすべって 作詞:桜井和寿

Aメロ

「ゆずれぬものが僕にもある」
だなんて
だれも奪いに来ないのに
鍵かけて守ってる

Mr.Children/口がすべって 作詞:桜井和寿

分かってる
本当は弱いことを
それを認められないことも

Mr.Children/口がすべって 作詞:桜井和寿

サビ

思い通りに動かない
君という物体を
なだめすかして甘い言葉かけて
持ち上げていく

Mr.Children/口がすべって 作詞:桜井和寿

もう一人の僕がその姿を見て
嘆いてるんだよ
育んできたのは
「優しさ」だけじゃないから。。。

Mr.Children/口がすべって 作詞:桜井和寿

二番

桜井和寿

リスナーとして生活している時に人の音楽を聴いて『うわ、なんだ退屈な音楽だな』って思っちゃったりすることも確実にあるから。そこに対しての反面教師じゃないけど、もうちょっとやり方あるかなとか思いながらやってますけど。

Aメロ

争い続ける
血が流れている
民族をめぐる紛争を
新聞は報じてる

Mr.Children/口がすべって 作詞:桜井和寿

分かってる
「難しいですね」で
片付くほど簡単じゃないことも

Mr.Children/口がすべって 作詞:桜井和寿

サビ

誰もがみんな大事なものを
抱きしめてる
人それぞれの
価値観 幸せ 生き方がある

Mr.Children/口がすべって 作詞:桜井和寿

「他人の気持ちになって考えろ」と
言われてはきたけど
想像を超えて
心は理解しがたいもの

Mr.Children/口がすべって 作詞:桜井和寿

三番

桜井和寿

『深海』や『BOLERO』の頃には絶対に書けない歌詞です。

Cメロ

流れ星が消える
瞬く間に消える
今度同じチャンスがきたら
自分以外の誰かのために
願い事をしよう

Mr.Children/口がすべって 作詞:桜井和寿

大サビ

口がすべって
君を怒らせた
でもいつの間にやら
また笑って暮らしてる

Mr.Children/口がすべって 作詞:桜井和寿

分かったろう
僕らは許し合う力も
持って産まれてるよ

Mr.Children/口がすべって 作詞:桜井和寿

ひとまず
そういうことにしておこう
それが人間の良いとこ

Mr.Children/口がすべって 作詞:桜井和寿

アウトロ(56sec)

あとがき

1945年の終戦から70年が経った2015年。『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』でページ冒頭にある桜井さんのMCに続いて披露されました。いつものライブとは違った雰囲気が流れ、固唾を呑んで聴き入ってしまいますがアウトロでは自然に笑顔になるような最高のアレンジで楽しませてくれます!
『半世紀へのエントランス』の「タガタメ」しかり、Mr.Childrenがメッセージ性の強い曲を演奏するときのインパクトは凄いなとつくづく実感します。

LIVE映像作品

NEXT

『水上バス』~ひとりペダルを漕いで~

水上バスから僕を見つけて手を振る君という愛おしい風景をフラッシュバックさせながら、次第に心に満ちていく“君がいない悲しみ”について綴った失恋ソング。音数の少ない鍵盤とぬくもりのあるギターをバックにした、ほろ苦くも甘酸っぱ […]

Read more