“絵空事”からとられたと思しきタイトルのミディアム。希望や夢は見方一つで変わることを音楽になぞらえて綴っている。ストリングスやブラスを配したドラマティックでセンチメンタルな展開が、ボーイズ・タウン・ギャング「君の瞳に恋してる」を彷彿とさせる。

エソラ [5:06]

アルバムSUPERMARKET FANTASY
発売日2008年12月10日
曲順3/14
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
Mr.Children 2005-2010

桜井和寿

“夢物語”って“物語”が付いたことによって否定的な、かなわないものっていうニュアンスが出てくるじゃないですか。だから“絵空事”も“事”を取りたかったんです。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

イントロ最高かよ~

FATHER&
MOTHER

物事の見方、捉え方をいい方向に変えられる魔法の曲です♪

FATHER&
MOTHER

20周年ライブでは1曲目にチョイスされて、25周年の大型ツアーでは本編のラストを飾る!

一番

桜井和寿

『HOME』よりも音楽的な遊びが多いというか。今回のアルバムを作る時に、なんとなく「ラスベガス」みたいな音っていうのに凄く惹かれていて。

イントロ(28sec)

Aメロ

二足歩行してる空っぽの生きもの
無意識にリズムを刻んでいる
フルボリュームのL-Rに
萎んでた夢が膨らんでく

Mr.Children/エソラ 作詞:桜井和寿

Bメロ

君が話してたの
あそこのフレーズだろう?
まるで僕らのための歌のようだ
君はどんな顔して聞いてたの?
甘く切なく胸を焦がす響き

Mr.Children/エソラ 作詞:桜井和寿

サビ

メロディーラインが
放ったカラフルな魔法のフレーズ

輝きを撒き散らしては
僕らに夢を見せる

Mr.Children/エソラ 作詞:桜井和寿

明日へ羽ばたく為に
過去から這い出す為に
Oh Rock me baby tonight
ほらもっとボリュームを上げるんだ

Mr.Children/エソラ 作詞:桜井和寿

二番

桜井和寿

ラスベガスのショー。あの派手さっていうか。過剰なパフォーマンスというか、過剰なサービス精神っていうのが…さりげなく伝えてそれをわかってくれる誰かがいるみたいなのじゃなくて、もう徹底的に過剰なサービスをしてっていう。

Aメロ

天気予報によれば 夕方からの
降水確率は上がっている
でも雨に濡れぬ場所を探すより
星空を信じ出かけよう

Mr.Children/エソラ 作詞:桜井和寿

Bメロ

雨に降られたら 乾いてた街が
滲んできれいな光を放つ
心さえ乾いてなければ
どんな景色も宝石に変わる

Mr.Children/エソラ 作詞:桜井和寿

サビ

やがて音楽は
鳴りやむと分かっていて
それでも僕らは今日を踊り続けてる

Mr.Children/エソラ 作詞:桜井和寿

忘れない為に
記憶から消す為に

Oh Rock me baby tonight
また新しいステップを踏むんだ

Mr.Children/エソラ 作詞:桜井和寿

<間奏>(33sec)

桜井和寿

「メロディーラインが~♪」の部分ってどうも恥ずかしくてやめた言葉だった。でも何も考えずに出てきた言葉ってやっぱりいいよなって考え直してこの歌詞にしました。

大サビ

メロディーラインが
描いたカラフルな希望のフレーム
輝きを撒き散らしては
僕らに夢を見せる

Mr.Children/エソラ 作詞:桜井和寿

めぐり逢う度に
サヨナラ告げる度に
Oh Rock me baby tonight

Mr.Children/エソラ 作詞:桜井和寿

さぁ踊ろうよ
ボリュームをもっと上げるんだ

Mr.Children/エソラ 作詞:桜井和寿

アウトロ(36sec)

LIVE映像作品

桜井和寿

その必死さって僕にとっては今凄く胸を打つものになっていて。音楽を聴いてくれる人がわかってくれるっていうことに甘えないっていうか。

LIVE映像

桜井和寿

『彩り』はあの歌詞がなければリスナーはああいう気持ちになれなかったと思うんだけど、『エソラ』はあの歌詞じゃなくてもあの気持ちになれたと思うんですよね。そういう音楽を目指していたんだと思う。

LIVE『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION』

『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』

MUSIC VIDEO

NEXT

『声』~受け止めてくれる誰かがその声を待っている~

広がりのあるブルージィなギターが映えるミディアム・ロック。巧拙は関係なく、胸にある思いを相手に伝えることが大切だという桜井の心の叫びともとれる詞に、説得力を感じる。終盤で一旦演奏を止める演出が効果的。フジテレビ系ドラマ『 […]

Read more