アルバムの中で一番ロックらしさを感じるアグレッシヴで祝祭的な楽曲。日本テレビ系列朝情報番組『ZIP!』2代目テーマソング。2019年10月の2回目の渡英時にレコーディングされた。

The song of praise [4:30]

発売日2020年12月2日
アルバムSOUNDTRACKS
曲順9/10
作詞・作曲桜井和寿
編曲Mr.Children , Steve Fitzmaurice
『soundtracks』ジャケット
桜井和寿

1日の始まり テレビに映し出される誰か。その姿を観た別の誰かが『あなたがそうであるなら私も』と希望や勇気で心を強くする。そんなイメージで出来上がった曲です。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

冒頭の「積み上げて〜」と最後の「積み上げて〜」が違う。 何か意味があるような、最初と最後で心境の変化を表してるのか

FATHER&
MOTHER

FATHER&
MOTHER

一番

サビ

積み上げてまた叩き壊して
今僕が立ってる居場所を
憎みながら愛していく
ここにある景色を讃えて

Mr.Children/The song of praise 作詞:桜井和寿

今 僕のいる場所が 探してたのと違っても
間違いじゃない いつも答えは一つじゃない
(Any)

その全てが意味を持って
互いを讃えているのなら
もうどんな場所にいても光を感じれるよ
GIFT

<コーラス>(23sec)

Aメロ

いつも取るに足らないことに
頭悩まされてた
毛頭それで何か変わりそうな
予感すらしていないのに

Mr.Children/The song of praise 作詞:桜井和寿

一体どんな理想を描いたらいい?
どんな希望を抱き進んだらいい?
HANABI

Bメロ

だけど逃げるは論外
だって他に行き場なんかない
昔は 自分の価値を過信しては
高い空を見上げて過ごした

Mr.Children/The song of praise 作詞:桜井和寿

その昔は英雄になれると勘違いしてた
Prelude

サビ

駅ビルの四角い窓から
時々 夕日が顔を出し
憐れむように 讃えるように
僕の顔を照らした

Mr.Children/The song of praise 作詞:桜井和寿

ビルの影が東に伸びて
家路を辿る人の背中が増えてく
(斜陽)

<コーラス>(23sec)

二番

桜井和寿

今の時代の中で、今の世の中をぶち壊して新しい、そして輝かしい、みんなと共有する明るい未来を提示するっていうのはなかなか難しい。

Aメロ

僕に残されている
未来の可能性や時間があっても
実際 今の僕のままの方が
価値がある気がしてんだよ

Mr.Children/The song of praise 作詞:桜井和寿

冗談だろう!? もう試さないでよ
自分探しに夢中でいられるような
子供じゃない
皮膚呼吸

Bメロ

そう誰もひとりじゃないんだ
僕だって小さな歯車
今なら 違う誰かの夢を通して
自分の夢も輝かせていけるんだ

Mr.Children/The song of praise 作詞:桜井和寿

大小の様々な歯車が複雑に絡み合い
今日も廻ってる あぁ この世界 愛しき世界
(進化論)

サビ

積み上げてまた叩き壊して
今僕が立ってる居場所を
呪いながら愛していく
ここにある景色を讃えて

Mr.Children/The song of praise 作詞:桜井和寿

今度はこのさえない現実を
夢みたいに塗り替えればいいさ
(蘇生)

今 僕のいる場所が 望んだものと違っても
悪くはない きっと答えは一つじゃない
(Any)

三番

桜井和寿

でも、自分の内側をぶち壊しながら、でも構築しながら、なおかつ受け入れるというか…そうすることが革命なんじゃないかってちょっと思ったりもしてこういう歌詞になりました。

Cメロ

誰もひとりじゃない
きっとどっかで繋がって
この世界を動かす小さな歯車

誰もひとりじゃない
だからどっかでぶつかって
この世界で藻掻く小さな
そう小さな歯車

Mr.Children/The song of praise 作詞:桜井和寿

僕のした単純作業が この世界を回り回って
まだ出会ったこともない人の笑い声を作ってゆく
(彩り)

大サビ

積み上げてまた叩き壊して
今僕が立ってる居場所を
嫌いながら愛していく
ここにある景色を讃えたい
ここのある景色を讃えたい

Mr.Children/The song of praise 作詞:桜井和寿

そこで僕は手に入れたんだ
遮るもののない 果てなく広がる世界
(幻聴)

桜井和寿

まだ不安な状況は続いていますが、今を生きる自分達を互いに讃え合えるよう願っています。

NEXT

『soundtracks』ジャケット
『memories』~僕だけが幕を下ろせないストーリー~

バンドの音が入っていない、ストリングスと歌だけの曲。2020年12月24日から1週間の期間限定公開でセッション映像「Memories Sessions」が公開され、「Documentary film」と共に披露された。こ […]

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA