洋楽的でもあり、フォークっぽさも強かったり、非常に独特な世界観の音がなっている楽曲。Vinylではこの曲までがA面となっている。2020年1月にロサンゼルスでレコーディングされた。

losstime [2:26]

発売日2020年12月2日
アルバムSOUNDTRACKS
曲順5/10
作詞・作曲桜井和寿
編曲Mr.Children , Steve Fitzmaurice
『soundtracks』ジャケット
桜井和寿

「いずれは自分もそちら側に行くんだな」と意識することで、ちょっとした日常がとても大事だなと思うようになってきた。

一番

“エピローグ【epilogue】”: 劇の最後に俳優が観客に向かって述べる言葉。

Aメロ

愛する者を看取った
ひとりの老婆は今日
エピローグ綴って
お迎えの時を待つ

Mr.Children/losstime 作詞:桜井和寿

“永遠のさよなら”をしても
あなたの呼吸が私には聞こえてる
花の匂い

サビ

「やがて… いずれ… そこに行くからね」

Mr.Children/losstime 作詞:桜井和寿

花瓶を置いて 写真の中に映る
過去と話している

Mr.Children/losstime 作詞:桜井和寿

またどこかで出会えるね
旅立ちの唄

二番

桜井和寿

最初、口笛でメロディを作ったので、因果として口笛を吹いています。これは歌うよりも口笛のほうが気持ちいいメロディだなと思ってたから、他の楽器でなぞるよりも口笛で入れたほうがいいなと思って。

Aメロ

ゆりかごを揺らし あやした
子供らも大きくなり
願った通り巣立った
今は都会で暮らす

Mr.Children/losstime 作詞:桜井和寿

いつの間にか大人になって
fanfare

サビ

「時間みつけて逢いに行くからね」
電話の声は想い出の歌のよう
静かに聞いている

Mr.Children/losstime 作詞:桜井和寿

母の優しき面影を 追いかけて唄う
ふるさとの子守唄
(デルモ)

<間奏>(30sec)

大サビ

みんな いずれ
そこに逝くからね

Mr.Children/losstime 作詞:桜井和寿

生きたいように今日を生きるさ
そして
愛しい君をぎゅっと抱きしめる

Mr.Children/losstime 作詞:桜井和寿

愛おしさはまた深くなっていくよ
(day by day (愛犬クルの物語))

桜井和寿

よくサッカーで解説者がこれはボールを回してるんじゃなくて、回させられてますね。みたいなこと言うじゃないですか。そういう意味でコロナにこの1,2年、ボールを回させてたと思おうかなと思って。来年はもうバシッとカウンター行きますよ(笑)

NEXT

『soundtracks』ジャケット
『Documentary film』~今日も独り回し続ける 君の笑顔を繋ぎながら~

この曲が最初にできたんですよ。そのときから「これはすごく大事な曲になる」という予感があって。アルバムをどうするかよりも、とにかくこの曲を大事にしたいという気持ちがありました。

Read more