Documentary film [4:40]

発売日2020年12月2日
アルバムSOUNDTRACKS
曲順6/10
作詞・作曲桜井和寿
編曲Mr.Children , Steve Fitzmaurice
『soundtracks』ジャケット

桜井和寿

この曲が最初にできたんですよ。そのときから「これはすごく大事な曲になる」という予感があって。アルバムをどうするかよりも、とにかくこの曲を大事にしたいという気持ちがありました。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

歌が上手い人は沢山いるけど、こんなに心に響かせる歌い方の人はなかなかいない。

FATHER&
MOTHER

かけがえのないたった一つの命の唄…何気ない日々にこそ幸せが見え隠れしてますね…

FATHER&
MOTHER

2020年大晦日。あの日聴いた『Documentary film』一生忘れないよ。

一番

桜井和寿

年齢を重ねているっていうこともあると思うし、晩年にいい作品を書く作家さんみたいな、ちょっと死の匂いがする感じというか。そういうのはこの曲にはあるような気がしますね。

イントロ(15sec)

Aメロ

今日は何も無かった
特別なことは何も
いつもと同じ道を通って
同じドアを開けて

Mr.Children/Documentary film 作詞:桜井和寿

いつもと同じ感じの日常を過ごしている
SINGLES

Aメロ

昨日は少し笑った
その後で寂しくなった
君の笑顔にあと幾つ逢えるだろう
そんなこと ふと思って

Mr.Children/Documentary film 作詞:桜井和寿

大好きだったあの笑顔をもう一度
(I'm sorry)

サビ①

誰の目にも触れない
ドキュメンタリーフィルムを
今日も独り回し続ける
そこにある光のまま

きっと隠しきれない
僕の心を映すだろう
君が笑うと
泣きそうな僕を

Mr.Children/Documentary film 作詞:桜井和寿

優しさの死に化粧で
笑ってるように見せてる
himawari

二番

桜井和寿

<君が笑うと/泣きそう>っていう、ここまで切実なことはなかなか起きないけど、ただそこまで切実に思う状況がその人の中にあること、そこまで切実に思える相手がいることを、なんでもない日常と対比させながら描きたかった。

Aメロ

希望や夢を歌った
BGMなんてなくても
幸せが微かに聞こえてくるから
そっと耳をすましてみる

Mr.Children/Documentary film 作詞:桜井和寿

さぁ 耳を澄ませてごらん
Prelude

Aメロ

ある時は悲しみが
多くのものを奪い去っても
次のシーンを笑って迎えるための
演出だって思えばいい

Mr.Children/Documentary film 作詞:桜井和寿

無駄なものなどきっと何一つとしてないさ
突然 訪れる鈍い悲しみであっても
(It's a wonderful world)

サビ②

枯れた花びらがテーブルを汚して
あらゆるものに
「終わり」があることを
リアルに切り取ってしまうけれど

そこに紛れもない命が宿ってるから
君と見ていた 愛おしい命が

Mr.Children/Documentary film 作詞:桜井和寿

だけど朝になって 花はしおれてしまって
君の指 花びらを撫でてたろう
(youthful days)

<間奏>(22sec)

大サビ

誰の目にも触れない
ドキュメンタリーフィルムを
今日も独り回し続ける
君の笑顔を繋ぎながら

きっと隠しきれない
僕の心を映すだろう
君が笑うと
愛おしくて 泣きそうな僕を

Mr.Children/Documentary film 作詞:桜井和寿

想い出の角砂糖を
涙が溶かしちゃわぬように
himawari

アウトロ(21sec)

LIVE映像作品

LIVE & Documentary of SOUNDTRACKS “MINE”

桜井和寿

サビの「誰の目にも触れないドキュメンタリーフィルムを」の“ない”のところなんですが、最初はリズムに対してジャストで歌っていたんです。そこを少しタメて歌ったときに、「これでつかめる」という感覚があって。本当にちょっとしたことなんですけど、そこに魔法があったなって

MV

桜井和寿

昔の写真を整理してた時に家族の写真があったんですよ。それをふと見ると、「ここに写ってて生き残ってるの、もう嫁と俺だけだ」みたいな写真があるわけです。それを見てあらためて「みんな死んでいくんだな」と思ったし、それと同じように僕らも死んでいくから。だからこそそこにあるのは憂いじゃないんですよね。これは感謝、ありがとうなんだと思う。

NEXT

『soundtracks』ジャケット
『Birthday』~毎日が誰かの birthday~

映画『ドラえもん のび太の新恐竜』主題歌を収めた両A面シングル。子供の頃にコミックを読みふけったという桜井和寿の思い入れが詰まった書き下ろし楽曲で、スティーヴ・フィッツモーリスとともにレコーディングしたこだわりのサウンド […]

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA