<息を殺してその時を待っている>という言葉から歌われる不穏な始まりの一曲。前作『重力と呼吸』のデッドストック。2020年1月にロサンゼルスでレコーディングされた。

DANCING SHOES [3:38]

発売日2020年12月2日
アルバムSOUNDTRACKS
曲順1/10
作詞・作曲桜井和寿
編曲Mr.Children , Steve Fitzmaurice
『soundtracks』ジャケット
桜井和寿

イメージとしてはライヴで言うと本編の始まりが『 Brand new planet 』で『DANCING SHOES』はオープニングSEみたいな感じかな。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

ミスチルのアルバムの1曲目って絶対ワクワクする曲。

FATHER&
MOTHER

曲が流れた瞬間の鳥肌やばかった!!

FATHER&
MOTHER

「その両手に繋がれた鎖、タンバリン代わりにして踊れるか?」は秀逸過ぎる。

一番

桜井和寿

「ん、このアルバムどうなってるの?」って聴きたくなるかなって。ドキドキワクワクしてもらいたい。

イントロ(23sec)

Aメロ

息を殺してその時を待っている
いつか俺にあの眩い光が
当たるその時を

Mr.Children/DANCING SHOES 作詞:桜井和寿

「明日こそきっと」って戯言ぬかして
自分を変えてくれるエピソードを
ただ待ってる 木偶の坊
(天頂バス)

Aメロ

でも案外 チャンスは来ないもんで
暗いトンネルの中で
ぼんやり遠くの光を見てる だけ

Mr.Children/DANCING SHOES 作詞:桜井和寿

今日も見果てぬ夢が 僕をまた弄んで
暗いトンネルの向こうに光をチラつかす
(hypnosis)

Aメロ

バランスとって生きるのが人の常
右肩上がれば左の肩も上げ
やっぱ両肩下げる

Mr.Children/DANCING SHOES 作詞:桜井和寿

まるで 前へ倣えの 右へ倣えの
優等生モード
(Happy Song)

Aメロ

群れを離れ歩いてくのもシンドい
良くも悪くも注目浴びれば
その分だけ叩かれる

Mr.Children/DANCING SHOES 作詞:桜井和寿

人はつじつまを合わす様に
型にはまってく
(終わりなき旅)

Bメロ

後退りしたり 地団駄踏んだり
なに!?このくだり?
We were born to be free

Mr.Children/DANCING SHOES 作詞:桜井和寿

あれっ 俺ッ 何してんだろう?
忘れた 分からねぇ
(ランニングハイ)

サビ①

Hey girls, come on
Let you wear the dancing shoes.
その両手に繋がれた鎖
タンバリン代わりにして

踊れるか?
転んだってまだステップを踏め!
無様な位がちょうど良い
さぁ Do it, do it,
do it, do it!!

Mr.Children/DANCING SHOES 作詞:桜井和寿

ほら裸になって お前だけのステップ
(ロックンロールは生きている)

人生はアドベンチャー
たとえ踏み外しても
結局楽しんだ人が 笑者です
(タイムマシーンに乗って)

二番

桜井和寿

まあ、僕自身も流行りの音楽を聴いているリスナーの1人ですからね。いいなと思ったり、そうじゃないものもあるけど、それを自然と受け入れてるんじゃないかな。イントロが長いと「かったるいな」と思ったりしますからね、今は。

Aメロ

流行り廃りがあると百も承知で
そう あえて俺のやり方でいくんだって
自分をけしかける

Mr.Children/DANCING SHOES 作詞:桜井和寿

誰の真似もすんな
君は君でいい
生きる為のレシピなんてない
(終わりなき旅)

Aメロ

四半世紀やってりゃ色々ある
あちらを立てれば こちらは濡れずで
破綻をきたしそうです

Mr.Children/DANCING SHOES 作詞:桜井和寿

流れ出したモノでシーツが濡れてしまって
(こんな風にひどく蒸し暑い日)

桜井和寿

<あちらを立てれば こちらは濡れず>僕の中で相当好きな歌詞です。今回のアルバムのベストですね(笑)

Bメロ

サルバドール・ダリ
ってちょっとグロくない?
普通じゃない感じが良い
We were born to be free

Mr.Children/DANCING SHOES 作詞:桜井和寿

《記憶の固執》1931 

自由 自由 自由!!
(未完)

サビ②

Hey boys, come on
Let you wear the dancing shoes.
その両足にかせられた負荷に
抗いステップを踏め!

弾む息を大空に撒き散らして
君は思うよりカッコ良い
さぁ Do it, do it, do it, do it!!

Mr.Children/DANCING SHOES 作詞:桜井和寿

駐車違反のジャガーの
ボンネットにジャンプして踊ってた
荒っぽいステップで
(FIGHT CLUB)

また新しいステップを踏むんだ
(エソラ)

大サビ

Hey guys, come on
Let you wear the dancing shoes.
その両手に繋がれた鎖
タンバリン代わりにして

踊れるか?
転んだってまだステップを踏め!
無様な位がちょうど良い
さぁ Do it, do it,
do it, do it!!
Do it, do it, do it, do it!!

Mr.Children/DANCING SHOES 作詞:桜井和寿

やがて音楽は鳴りやむと分かっていて
それでも僕らは今日を踊り続けてる
(エソラ)

さぁ踊ろう世界が終わるまで
(Dance Dance Dance)

あとがき

待ちに待った『SOUNDTRACK』。『DANCINGSHOES』『losstime』『memories』は前情報がなかったので、一曲目からドキドキする気持ちを抑え、息を殺してその時を待っていました。そこに聴こえてきたダークな雰囲気のイントロと声の衝撃が忘れられないです。たった一曲でこてんぱんにされました。

『重力と呼吸』の雑誌インタビューで「2020年に20作目のアルバムはありますか?」との質問にNOと答えていたので、予想より早いリリースになってとても嬉しかったです。この時期はコロナで自粛ムードの年末でしたが、発売前の『The song of praise』初披露から紅白歌合戦まで怒涛のテレビ出演ラッシュがあったおかげで、全番組録画しそれを繰り返し観ながら充実して過ごせました。

もしコロナが無かったとしたら、これらの出演も無かったのではないかと思います。震災後そうだったように、世の中が暗く落ち込んでるとき、自分たちに出来ることはないかと考え、笑顔と元気をくれるのがMr.Childrenです。詳細は話されていませんが今回もそんな想いがあって5年ぶりとなるテレビ出演を決めてくれたのだと信じています。Mr.Childrenを改めて大好きになりました。

誰かの為に小さな火をくべるよな
愛する喜びに 満ちあふれた歌

Mr.Children/優しい歌 作詞:桜井和寿風

LIVE映像作品

NEXT

『soundtracks』ジャケット
『Brand new planet』~新しい「欲しい」までもうすぐ~

2020年1月にロサンゼルスでレコーディングされた。10月27日に、初回限定盤DVD・Blu-rayに収録される映像「『Brand new planet』from "MINE"」がYouTube公式チャンネルにて公開され […]

Read more
桜井和寿

『DANCING SHOES』は『重力と呼吸』の制作の最後のほうにできた曲でアルバムに入れてもいいなと思ってたんだけど、そのままなくなったものだったんですよね。『 Documentary film 』のデモが上手く作れた時に今ならこれも作れる気がすると思って再度作った感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA