アルバム『深海』レコーディング時に作られていながら収録されなかったという意味で、“Mr.Children Bootleg”というサブ・タイトルがついているマキシ・シングルがある。これを聴くと、桜井和寿の詩人としての素晴らしさをあらためて感じることができる。

マシンガンをぶっ放せ [4:26]

シングル12th
発売日1996年8月8日
アルバム深海
発売日1996年6月24日
曲順10/14
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
『深海』ジャケット

※ "Bootleg”:海賊版
『Mr.Children 1996-2000』ジャケット
桜井和寿

例えば毒蜘蛛って日本にはいなかったものだけれど、日本には今までなかったものだからといって最初は駆除してたじゃないですか。それは絶対違うなと思って。だから文化であり発展であり資本主義みたいなものが作り上げてしまった悪っていうのがかなりあって。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

本当に今の時代にぴったりな曲、逆に言うと昔から社会の問題の本質は変わってない

FATHER&
MOTHER

桜井さんの怒り、悲しみ、焦燥感がヒリヒリと伝わってくる

FATHER&
MOTHER

この曲のやるせない感、投げやりだけどユーモアもあるとこ好きです

FATHER&
MOTHER

ドラムとアコースティックギターがカッコいい一曲でミスチル流フォークロックの到達点とも呼べる傑作。

FATHER&
MOTHER

ロックバンドとしてのミスチルはこの曲やこのアルバムがピークだと思います。

一番

イントロ(0sec)

Aメロ

あのニュースキャスターが
人類を代弁して喋る
「また核実験をするなんて
一体どういうつもり?」

Mr.Children/マシンガンをぶっ放せ 作詞:桜井和寿

Bメロ

愛にしゃぶりついたんさい
愛にすがりついたんさい

Mr.Children/マシンガンをぶっ放せ 作詞:桜井和寿

Aメロ

やがて来る“死の存在"に
目を背け過ごすけど
残念ですが
僕が生きている事に意味はない

Mr.Children/マシンガンをぶっ放せ 作詞:桜井和寿

Bメロ

愛せよ 目の前の不条理を
憎めよ 都合のいい道徳を
そして僕に才能をくれ

Mr.Children/マシンガンをぶっ放せ 作詞:桜井和寿

サビ

見えない敵に
マシンガンをぶっ放せ
Sister and Brother
正義も悪もないこの時代を
行進していく兵士です

殺人鬼も聖者も凡人も
共存してくしかないんですね
触らなくたって
神は祟っちゃう
救いの唄は聞こえちゃこないさ

Mr.Children/マシンガンをぶっ放せ 作詞:桜井和寿

二番

Aメロ

参考書を持って挑んだんじゃ
一生 謎は解けぬ
良識を重んじてる善人が
もはや罪だよ

Mr.Children/マシンガンをぶっ放せ 作詞:桜井和寿

Bメロ

愛せよ 目の前の疫病を
憎めよ 無能なる組織を
そして僕にコンドームをくれ

Mr.Children/マシンガンをぶっ放せ 作詞:桜井和寿

サビ

僕は昇りまた落ちてゆく
愛に似た金を握って
どうせ逆らえぬ人を殴った
天使の様な素振りで

毒蜘蛛も犬も乳飲み子も
共存すべきだよと言って
偽らざる人がいるはずないじゃん
この現実に目を向けなさい

Mr.Children/マシンガンをぶっ放せ 作詞:桜井和寿

<間奏>(18sec)

三番

Cメロ

愛せよ単調な生活を
鏡に映っている人物を
憎めよ生まれてきた悲劇を
飼い慣らされちまった本能を
そして事の真相をえぐれ

Mr.Children/マシンガンをぶっ放せ 作詞:桜井和寿

大サビ

見えない敵に
マシンガンをぶっ放せ
Sister and Brother
天に唾を吐きかけるような
行き場のない怒りです

宗教も化学もUFOも
信じれるから悲惨で
絡まりあって本心偽って
めくるめくの every day

僕は昇りまた落ちてゆく
何だってまかり通る世界へ

Mr.Children/マシンガンをぶっ放せ 作詞:桜井和寿

アウトロ(27sec)

あとがき

LIVE映像作品

NEXT

『深海』ジャケット
『ゆりかごのある丘から』~君はもう違う誰かの腕の中~

曲の冒頭と終盤にヘリコプターのプロペラのSEが入り、前後の楽曲と繋がっている。演奏時間が本作最長の楽曲。 アルバム 深海 発売日 1996年6月24日 曲順 11/14 作詞・作曲 桜井和寿 編曲 小林武史&Mr.Chi […]

Read more