イントロのフルートの音色が印象的なミディアム・バラード。“さよならなんて言わないで”と去っていった恋人を想い、うなされるようにささやく“ロザリータ”の歌唱が胸を打つ。昭和を感じさせるような官能的な雰囲気が全体を覆う、懐かしくも新境地といえる一曲。

ロザリータ [5:48]

アルバムSENSE
発売日2010年12月1日
曲順7/12
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children

桜井和寿

自分で作った曲ではないような感覚があって、不思議な感じなんですけど…

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

思い出が深すぎて切ない…

FATHER&
MOTHER

これと『Forever』は自分の中でセットだわ。

FATHER&
MOTHER

エロすぎる。

一番

  • ロザリア(Rosalia)はヨーロッパ系の女性名。ロザリー。“-タ” は愛称でつけられることが多い。

イントロ(17sec)

Aメロ

あまりリアル過ぎぬように
いつの日か笑えるように
君の名は伏せるよ 匿名を使って

Mr.Children/ロザリータ 作詞:桜井和寿

たまにはちょっと自信に満ちた声で
君の名を叫んでみんだ
(つよがり)

Aメロ

積み重ね合う嘘
つじつま合わせでもう
抱えきれなくなった荷物
降ろした気分はどう?

Mr.Children/ロザリータ 作詞:桜井和寿

静かに 密かに 嘘を重ね

いつからか君は取り繕い
不覚にも僕は嘘を見破り
(渇いたkiss)

Bメロ

OH 曇った日の海のようにどんより
重く湿って気怠い
君のキスが胸を離れない

Mr.Children/ロザリータ 作詞:桜井和寿

分厚い積乱雲が 胸の中に立ち籠める
(Surrender)

サビ①

ロザリータ 僕のロザリータ
さよならなんて言わないで
恋多き女
ロザリータ 僕のロザリータ

Mr.Children/ロザリータ 作詞:桜井和寿

「全部嘘だよ」そう言って笑う
君をまだ期待してるから
himawari

二番

Aメロ

この部屋の鏡に映る退屈な男
君の部屋の鏡ならマシに見えたのに

Mr.Children/ロザリータ 作詞:桜井和寿

窓に反射するうつる哀れな自分おとこ
愛しくもある この頃では
(innocent world)

吐き気をもよおしそうな
鏡の中の湿っぽい顔した自分に手を振るよ
(Wale me up!)

Bメロ

もう全てのデータを捨てたはずなのに
どこかで君からの
言葉を期待して過ごしている

Mr.Children/ロザリータ 作詞:桜井和寿

僕だけが幕を下ろせないストーリー
memories

サビ②

ロザリータ 僕のロザリータ
また会いたいって囁いて
愛してるよ
ロザリータ 僕のロザリータ

Mr.Children/ロザリータ 作詞:桜井和寿

愛想などないでも律儀で
誰かに似てる気がした
ハル

三番

Cメロ

甘い言葉 完璧な微笑み
そばかす 唇 下品に濡れる果実

Mr.Children/ロザリータ 作詞:桜井和寿

君を形成つくる全ての要素を愛してたのに
(Over)

<間奏>(23sec)

Bメロ

OH 曇った日の海のようにどんより
暖かくて凍えそうな
君の肉体からだ 胸を離れない

Mr.Children/ロザリータ 作詞:桜井和寿

君はもう違う誰かの腕の中
そして僕は一人
(ゆりかごのある丘から)

大サビ

ロザリータ 僕のロザリータ
さよならなんて言わないで
恋多き女
ロザリータ 僕のロザリータ

Mr.Children/ロザリータ 作詞:桜井和寿

また会いたいって囁いて
愛してるよ
ロザリータ 僕のロザリータ

Mr.Children/ロザリータ 作詞:桜井和寿

また何処かで 会えるといいな
その時は笑って
(innocent world)

Aメロ

あまりリアル過ぎぬように
いつの日か笑えるように
君の名は伏せるよ 匿名を使って
君を歌う ロザリータ

Mr.Children/ロザリータ 作詞:桜井和寿

そう言えば 今思えば
僕らの周りにいくつもの愛がいつもあったよ
Forever

アウトロ(22sec)

あとがき

独特な雰囲気の楽曲が多い『SENSE』の中でも一際異彩を放っています。匿名にすることで余計に生々しく感じてしまう。失恋の曲は今までにもたくさんあったけどこれは新しいです。本当に表現の幅が広くて、どうやって思い付いているのか不思議です。

「暖かくて凍えそうな 君の肉体からだ 胸を離れないという矛盾...

どうすれば どうすれば
君のいない風景を当たり前と思えんだろう

Mr.Children/Forever 作詞:桜井和寿

LIVE映像作品

NEXT

『SENSE』ジャケット
『蒼』~静かに 密かに~

ピアノを中心にしたサウンドをバックに、桜井が情感たっぷりに歌い上げるバラード。自らの使命あるいは夢にひたむきに立ち向かうも“ただただ自分の身の丈を知らされ”る悲しみを描き出す。4分弱と比較的短いが、シンプルなアレンジなが […]

Read more


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA