意表をつくテクノ調のイントロで幕を開けるロック・チューン。窮屈で鞭打たれるような時代に対する怒りを“ロックンロール”と表現し、“闇を蹴っ飛ばせ”と鼓舞するように歌う。目まぐるしい展開に合わせた、仰々しくも感じられるアレンジがピタリとハマっている。

ロックンロールは生きている [4:49]

アルバムSENSE
発売日2010年12月1日
曲順6/12
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
桜井和寿

ま、こっちが世の中に対して合わせていってますからね。…こちら側が変わっている。それはアーティストとして時代を捉えて、それに応えるために音楽性を変化するという部分もあるし、同時に一生活者として自然に影響されて変わっている部分もある。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

マジでカッコ良すぎる………

FATHER&
MOTHER

ナチュラルハイになりました。

FATHER&
MOTHER

「イマジネーション」と「氏名住所」で踏めるのか、、天才すぎ。

一番

  • 「Rock'n Roll Is Not Dead」 = ロックンロールは生きている

イントロ(17sec)

Rock 'n' roll is not dead.
ロックンロールは生きている。

Aメロ

レボリューション さぁ次の世界へ
いまナチュラルハイで
闇を蹴っ飛ばせ

ジェネレーションなんてのは
関係ないぜ ほら裸になって
お前だけのステップ

ステップ…

Mr.Children/ロックンロールは生きている 作詞:桜井和寿

転んだってまだステップを踏め!
無様な位がちょうど良い
DANCING SHOES

Bメロ

イマジネーションも
膨らまないくらいに
あまりに日常は窮屈すぎて

よだれたらして甘い飴の前で
おあずけをくらったまま放置されて

サディスティックな
プレイだとしたって
もう悦楽たのしめないくらいに
ただ鞭打たれて

Mr.Children/ロックンロール 作詞:桜井和寿

こんな風に日々は続いてくのでしょう
奪いも捨てもせず 命を燃やそうか
I

ライラライラ。。。

Mr.Children/ロックンロール 作詞:桜井和寿

サビ ①

でも
ロックンロールは生きている
君のそばに
自由と希望を意味している
OH Oh oh…

Mr.Children/ロックンロール 作詞:桜井和寿

でも刺激と自由を心は探している
ロックンロール

二番

ラップ

削り取られて 切り捨てられて
安売りされたあげく価値落として
首を傾げて 意義を唱えても
これが現実と押さえ込まれた

天国と地獄しかない時代で
地団駄踏んで縮かんだ手をねじ込んだ
ポケットの中握りこぶし
今日も痛み隠し

Mr.Children/ロックンロール 作詞:桜井和寿

屍 回してあぶって切り裂き
小さくなったそのお肉をほおばる
(LOVEはじめました)

Aメロ

慌てないで ほら1、2の3の
きっかけで飛ぶんだ清水の舞台
氏名住所血液型なんて
皆忘れていいんだ 君をすっとばせ

Mr.Children/ロックンロール 作詞:桜井和寿

そうだ ROLLIN' ROLLING!!
栄光を手にしよう さぁ駆け抜けろ
(ROLLIN' ROLLING ~一見は百聞に如かず)

サビ ②

ロックンロールは生きている
君の中に
未知なる可能性を探っている
OH Oh oh...

Mr.Children/ロックンロール 作詞:桜井和寿

今日もハイテンションロックンロールスター
(Dance Dance Dance )

<間奏>(37sec)

Rock 'n' roll is not dead.
ロックンロールは生きている。

三番

ライラライラ。。。

Mr.Children/ロックンロール 作詞:桜井和寿

サビ ③

ロックンロールは生きている
君のそばに
ぶち壊してしまえよと叫んでいる
OH Oh oh...

Mr.Children/ロックンロール 作詞:桜井和寿

何度へましたっていいさ
起死回生で毎日がレボリューション
(I'll BE)

Aメロ

レボリューション さぁ次の世界へ
いまナチュラルハイで
闇を蹴っ飛ばせ

イミテーションに惑わされないで
その目を見開いて さぁ手を伸ばせ

Mr.Children/ロックンロール 作詞:桜井和寿

Cメロ

レボリューション レボリューション レボリューション 闇を蹴っ飛ばせ
エボリューション エボリューション エボリューション 君をすっとばせ

Mr.Children/ロックンロール 作詞:桜井和寿

Oh Rock me baby tonight
さぁ踊ろうよ
ボリュームをもっと上げるんだ
エソラ

ライラライラ。。。

Mr.Children/ロックンロール 作詞:桜井和寿

アウトロ(26sec)

あとがき

365日』とのギャップが凄い...ライブ映えする曲です!前2作がポップ志向を感じさせるアルバムだったので、そういった声を受けてのメッセージでしょうか。アウトロの水の音はいったい―――⁉

LIVE映像作品

LIVE映像

『Mr.Children TOUR 2011 “SENSE”』

NEXT

『SENSE』ジャケット
『ロザリータ』~匿名を使って~

イントロのフルートの音色が印象的なミディアム・バラード。“さよならなんて言わないで”と去っていった恋人を想い、うなされるようにささやく“ロザリータ”の歌唱が胸を打つ。昭和を感じさせるような官能的な雰囲気が全体を覆う、懐か […]

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA