夏を感じさせる爽やかなアルペジオで幕を開けるポップ・ナンバー。鮮やかなサウンドに若干の湿度を帯びたメロディ・ラインを乗せたミスチルならではの一曲。目や耳じゃないところを使ってさまざまに“擬態”したものの本質を見抜くんだ、というメッセージ・ソングか。

擬態 [5:49]

アルバムSENSE
発売日 2010年12月1日
曲順2/12
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
Mr.Children 2005-2010

桜井和寿

わかりやすい物語がそこにあるわけでもなく、ただイメージからイメージへとどんどん言葉を繋げていくっていう…そうやってできたものを取材で説明したくなかった。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

こんな名曲がシングルじゃないなんて...

FATHER&
MOTHER

メロディーがみずみずしい。聴いていて心が潤う。

FATHER&
MOTHER

こんなに歌詞を大事にしているアーティストは他にはいない。言葉1つ1つが輝いてる。

一番

桜井和寿

例えば『エソラ』がサウンドに寄せた歌詞なのだとしたら、『擬態』は文学に寄せて書いている。

  • “擬態”=生物が他の生物や無生物などとそっくりの形や色彩、行動をもち、第三者をだます現象。

イントロ(31sec)

Aメロ

ビハインドから始まった
今日も同じスコアに終わった

ディスカウントして山のように
積まれてく夢の遺灰だ

Mr.Children/擬態 作詞:桜井和寿

今日も一からの
いやマイナスからのスタートを切る
(End of the day)

Bメロ

あたかもすぐ打ち解けそうに
親しげな笑顔を見せて
幽霊船の彼方に明日が霞んでく

Mr.Children/擬態 作詞:桜井和寿

夢中で駆け抜けるけれども
まだ明日は見えず
(Tomorrow never knows)

サビ ①

アスファルトを飛び跳ねる
トビウオに擬態して
血を流し それでも遠く伸びて

Mr.Children/擬態 作詞:桜井和寿

必然を 偶然を
すべて自分のもんにできたなら
現在を越えて行けるのに。。。

Mr.Children/擬態 作詞:桜井和寿

あだ名は「トビウオ」でもお日様が嫌いで
この街を潜水して泳いでいく
(Monster)

少し痛いとしてもダイブ!
そしてバタフライ
HOWL

二番

Aメロ

相棒は真逆のセンスと
真逆の趣味を持って
アリキタリなことを嫌った
なんかそれがうらやましかった

Mr.Children/擬態 作詞:桜井和寿

普通じゃない感じが良い
DANCING SHOES

Bメロ

ムキになって洗った手に
こびりついてる真っ赤な血
いつか殺めた自分に
うなされ目覚める

Mr.Children/擬態 作詞:桜井和寿

自分に潜んでた狂気が首をもたげて
牙を剥き出し 遠吠えをあげる
(hypnosis)

僕は何故血を流してるの?
(REM)

サビ ②

“効きます”と謳われた
あらゆるサプリメントは
胃の中であぶくになって消えた

Mr.Children/擬態 作詞:桜井和寿

デマカセを 真実を
すべて自分のもんにできなら
もっと綺麗でいれるのに。。。

Mr.Children/擬態 作詞:桜井和寿

真実からは嘘を 嘘からは真実を夢中で探してきたけど
(Any)

デタラメと嘘の奥に本当の答えが眠っている
(Drawing)

<間奏>(22sec)

三番

Cメロ

富を得た者はそうでない者より
満たされてるって思ってるの!?
障害を持つ者はそうでない者より
不自由だって誰が決めんの!?

Mr.Children/擬態 作詞:桜井和寿

人それぞれの 価値観 幸せ 生き方 がある
口がすべって

何に縛られるでもなく
僕らはどこへでも行ける
(Worlds end)

目じゃないとこ
耳じゃないどこかを使って
見聞きをしなければ

見落としてしまう
何かに擬態したものばかり

Mr.Children/擬態 作詞:桜井和寿

飛び込んでくる音 目に入る映像
暫く遮断して心を澄まして
何が見えますか?
誰の声が聞こえますか?
(フェイク)

Bメロ

今にも手を差し出しそうに
優しげな笑顔を見せて
水平線の彼方に希望は浮かんでる

Mr.Children/擬態 作詞:桜井和寿

深い深海に沈んだ希望をチラつかす
(hypnosis)

大サビ

アスファルトを飛び跳ねる
トビウオに擬態して
血を流し それでも遠く伸びて

Mr.Children/擬態 作詞:桜井和寿

出鱈目を 誠実を
すべて自分のもんにできたなら
もっと強くなれるのに。。。

Mr.Children/擬態 作詞:桜井和寿

現在を越えて行けるのに。。。

Mr.Children/擬態 作詞:桜井和寿

無様な位がちょうど良い
DANCING SHOES

ただ ただ 明日へとパドリング
(PADDLE)

アウトロ(43sec)

あとがき

とにかく爽やかなイントロでリピート必至!アウトロのコール&レスポンスはライブの定番で必ず盛り上がれます。「目じゃないとこ 耳じゃないどこか」も使って全身で楽しめる名曲です!

歌詞は文学的に書かれただけあって読み解くのが少し難しめ。「富を得た者は―――誰が決めんの!?」を初めて聞いたときはハッとさせられました。“何かに擬態したもの”とは何なのか――― “SENSE”が試される一曲。

LIVE映像作品

LIVE映像

Mr.Children TOUR 2011 “SENSE”

NEXT

『SENSE』ジャケット
『HOWL』~そしてバタフライ~

力強いビートに合わせ“HOWL(遠吠え)”するようなシャウトが印象的な、シンプルなロック。輝いて見えたモノがガラス玉だと気付いても“夢見なくちゃつまんねぇ 淡々と死んでいきたくはない”という、がなるような歌唱が胸を打つ。 […]

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA