映画『Mr.Chirdlen/Split The Difference』エンディング・テーマ。ピアノを基調とした穏やかなサウンドにのせて、終わった恋を悲しくもどこか温かく振り返るミッド・バラード。“Forever” に対して日本語で韻を踏む詞が秀逸。

Forever [4:50]

アルバムSENSE
発売日2010年12月1日
曲順12/12
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
『SENSE』ジャケット

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

韻の踏み方が神がかってる。

FATHER&
MOTHER

この曲を聴きたくて何度も何度も映画館に通いました(笑)

FATHER&
MOTHER

時計の針が動く音もちゃんと12と6を軸に時計回りに聞こえる。

FATHER&
MOTHER

永遠ってなんだろう?この曲を聴くといつも考えさせられます。

FATHER&
MOTHER

アルバムのエンディング感でいえばミスチル史上最強の一曲だと思います!

一番

  • “forever”:永遠。

イントロ(14sec)

Aメロ

ひんやりとした空気が今
この胸を通り過ぎた
どんより僕はソファーの上
アザラシと化してグダグダ

Mr.Children/Forever 作詞:桜井和寿

春の風がカーテンを揺らし
思い惑う胸をくすぐるように風が流れていく
ハル

Bメロ

自暴自棄になるほど
分別をなくしちゃいないけど

Mr.Children/Forever 作詞:桜井和寿

挙句には「死にたい」とか言い出すんでしょう⁉
I

  • “SENSE” には “分別” という意味もある。
    (例) a man of sense. = 分別のある人。

サビ①

Forever Forever
そんな甘いフレーズに
少し酔ってたんだよ

Mr.Children/Forever 作詞:桜井和寿

もういいや もういいや
付け足しても
取り消すと言っても
もう受け付けないんなら

Mr.Children/Forever 作詞:桜井和寿

話し合ったって何一つ分かり合えないけど
終わりにするって答えだけは同じ
(Bird Cage)

ごめんねとつぶやいても もうどうなる訳でもなく
(ゆりかごのある丘から)

二番

Aメロ

なんだか僕ら似通ってたんだ
ちょっぴりそんな気がした
本当はお互い頑張ってた
近づきたくて真似た

Mr.Children/Forever 作詞:桜井和寿

僕らは似ているのかなぁ?
それとも似てきたのかなぁ?
(しるし)

Bメロ

きっと嘘なんてない
だけど正直でもないんだろう

Mr.Children/Forever 作詞:桜井和寿

愛という 素敵な嘘で騙してほしい
(NOT FOUND)

変わらぬ愛と信じきっていた二人
(ありふれたLove Story ~男女問題はいつも面倒だ~)

サビ②

ともすれば ともすれば
人は自分をどうにだって
変えていけんだよ

Mr.Children/Forever 作詞:桜井和寿

そういえば そういえば
「君の好きな僕」を演じるのは
もう演技じゃないから

Mr.Children/Forever 作詞:桜井和寿

僕は僕でしかない
いくつになっても変われなくて
Birthday

君には従順を僕には優しさを
互いに演じさせて疲れてしまうけど
(and I love you)

<間奏>(47sec)

携帯電話の番号ボタンが押される音。懐中時計の秒針が回る音。ラジオのノイズ。後悔と嘆きのシャウト。何かを讃える拍手と指笛。

  • Prelude』のイントロによく似ている。

三番

Cメロ

どうすれば どうすれば
君のいない景色を
当たり前と思えんだろう

Mr.Children/Forever 作詞:桜井和寿

引き返しちゃいけないよね
進もう
君のいない道の上へ
(くるみ)

いつの日か笑えるように
ロザリータ

大サビ

Forever Forever
そんな甘いフレーズを
まだ信じていたいんだよ

Mr.Children/Forever 作詞:桜井和寿

そう言えば 今思えば
僕らの周りにいくつもの
愛がいつもあったよ

Mr.Children/Forever 作詞:桜井和寿

永遠はいつでも 形のない儚い幻影かげ(Drawing)

悲しみのトンネルをくぐり抜けよう(Over)

気が付けばそこにあるもの(名もなき詩)

アウトロ(21sec)

Forever Forever

Mr.Children/Forever 作詞:桜井和寿

あらゆるものに「終わり」があることを
Documentary film

あとがき

他人ひと を変えることはできないけど、自分はどうにだって変えていくことできる。『Forever』 には永遠でないものを嘆いたり過去にとらわれたりせず、前向きに生きていこうというメッセージが込められていると感じました。

間奏で聞こえるのは時代の流れによって「変わっていったモノ」の音でしょうか。このアルバムが発売された今から約10年前はスマートフォンが普及し始めた時期です。今では当たり前に持っているスマホも当時はまだ持っている人のほうが少数で、携帯電話が主流でした。

電話をかけるときに聞いていた懐かしい音から始まるこの間奏は、時間と共に「変わっていった二人の愛」の比喩となっています。美しすぎるイントロ、韻が踏まれた心地よい歌詞、遊び心のある間奏。この曲を好きだという気持ちは変わりません!

変わっていったモノと
今だ変わらぬモノが
あぁ 良くも悪くもいっぱいあるけれど

Mr.Children/1999年、夏、沖縄 作詞:桜井和寿

変わらないことがあるとすれば
皆 変わっていくってことじゃないかな

Mr.Children/進化論 作詞:桜井和寿

LIVE映像作品

NEXT

[(an imitation) blood orange]ジャケット
『[(an imitation) blood orange]』~17thアルバム~

約2年ぶり、2012年11月28日リリースのアルバム。映画『僕等がいた』主題歌「祈り ~涙の軌道」「pieces」をはじめ、「常套句」「hypnosis」といったドラマ主題歌や資生堂「マキアージュ」CMソングなど話題曲を […]

Read more

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA