REFLECTION{Naked}

2015年6月4日リリースのアルバムは、制作期間約2年7ヵ月を費やした大作。新たな音楽の可能性を追求し“すべてを聴いて欲しい”という思いから、約110分全23曲を1枚に収めるため“USB”のフォーマットに。彼らの熱い情熱に触れられる作品だ。

REFLECTION{Naked} [111:06]

発売日2015年6月4日
曲数23
作詞・作曲桜井和寿
編曲Mr.Children(&小林武史)

収録内容

桜井和寿

Mr.Childrenが一番好きなバンドで、ほとんどのアルバムを聴いてます、というようなファンにとっては、{Drip} というアルバムだけじゃ満たされない部分があるのは分かってた。もっと刺激の強いものも聴きたいし、凡庸というか、それこそカップリングに入るような曲を望んでいるだろうし、それにお応えできるのが {Naked}。

REFLECTION{Drip}

23曲入りの完全版““Naked””から14曲を抜粋した通算18作目。小林武史の手を離れたセルフ・プロデュース曲が大半を占め、アレンジにロック色が濃く、かつてなく生々しいバンド・サウンドが心を震わす。大曲「進化論」をはじめ、思想と生活感を結びつける桜井和寿独自の世界観の描写はもはや名人芸の域に。

 REFLECTION{Drip} [62:56]

発売日2010年12月1日
曲数14
作詞・作曲桜井和寿
編曲 Mr.Children(&小林武史)

収録内容

桜井和寿

逆に {Drip} は、Mr.Children以外にも他に好きなアーティストがいて色々と聴いていて、そういう人って {Naked} だけに入っている、ちょっと特殊な曲は飛ばしてしまうものなのかなぁ、とも思ったので、このふたつはそんな棲み分け方にしていますね。ただ…、そうは言っても僕らとしては、全部聴いて欲しいんです。なので本当は一般ウケするだろう曲だけど、敢えて {Drip} には入れず {Naked} だけに入れてます、なんていう、ちょっとした意地悪もしてます(笑)

LIVE映像作品

桜井和寿

Mr.Childrenのファンには、若い人からかなり年配の人もいる中で、初期の『抱きしめたい』がMr.Childrenなんだって言う人もいれば、いや『ニシエヒガシエ』や『フェイク』などのロックな曲が好きと言う人もいる。どこに目がけて曲を発信していいのか難しいんですけど、自分が考える“これがMr.Childrenだ”というのは全部出し切っているつもりでいたので、そこから絞るのが難しかった……。だから全部聴いてもらって、これが今のMr.Childrenのすべてというのを感じてもらいたかった。

Mr.Children REFLECTION
『Mr.Children TOUR 2015 REFLECTION{Live&Film}』

発売前のアルバムの収録曲を披露…前代未聞のツアー“REFLECTION”のファイナル、6月4日の埼玉・さいたまスーパーアリーナ公演と劇場上映もされたライヴ・ドキュメンタリーを同梱している。 発売日 2015年12月16日 […]

Read more
Mr.Children Stadium Tour 2015 未完
『Mr.Children Stadium Tour 2015 未完』

2015年7月より開催された全国スタジアム&ドームツアーから、9月6日の日産スタジアム公演の模様を収録。開演前より降り続く雨の中、名曲の数々を次々に歌い上げた珠玉のパフォーマンスが楽しめる。 発売日 2016年3月16日 […]

Read more

Trailer

桜井和寿

いつ歌えなくなるかわかんないっていう気持ちは、ほんとに常にあって。だから、とっとくのはヤだなあと。これを世の中に出して聴いてくれた人のリアクションを見ておきたいなあという気持ちがあって。だから全曲入れたいんだと。