BMW「アクティブ ツアラー」CMソングとして放映、憂いを帯びたメロディとドラマティックなサウンドや言葉が絡み合った、彼らならではといえるポップ・チューン。なかでも“猟奇殺人”“撃ち殺して逃げた”など、物騒な言葉が並ぶ歌詞は印象的。

fantasy [4:21]

アルバムREFLECTION
発売日2015年6月4日
曲順1/23( 9/14 )
作詞・作曲桜井和寿
編曲Mr.Children
『REFLECTION{Naked}』ジャケット
『REFLECTION{Drip} 』ジャケット
桜井和寿

今からでも頑張ればJリーガーになれるんじゃねぇかみたいな冗談じゃなくてちょっと本気で思ってたようなその勘違いや、Jリーガーは大袈裟ですけど、わりとけっこう頑張れば何でもできるみたいに思う自信は音楽から与えられたものだと思う。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

REFLECTION tourのOPのfantasyはスモークにバーンと浮かび上がる4人のシルエットマジでカッコイイよな〜

FATHER&
MOTHER

桜井さんの声だけになるのゾクってなるよね

FATHER&
MOTHER

2番のサビの歌詞が衝撃過ぎた

一番

イントロ(18sec)

Aメロ

隣の人に気づかれぬように
僕らだけの言葉で話そう
知られちゃマズい
たいそうな話は特にないけれど

Mr.Children/fantasy 作詞:桜井和寿

Bメロ

ゴミ箱に投げ捨てたファンタジーを
もう一度拾い上げたら
各駅電車を
ジェットコースターに
トランスフォームして
[不可能]のない旅へ

Mr.Children/fantasy 作詞:桜井和寿

サビ

「誰もが孤独じゃなく
 誰もが不幸じゃなく
誰もが今も
 より良く進化してる」
たとえばそんな願いを
自信を 皮肉を
道連れに さぁ旅立とう

Mr.Children/fantasy 作詞:桜井和寿

二番

Aメロ

想像を超えた猟奇殺人さえ
今や日常 ドキュメンタリー
いちいち心動かないよ
免疫ができ右から左

Mr.Children/fantasy 作詞:桜井和寿

Bメロ

事件ことの裏側」すら簡単に
閲覧のぞけてわかった気になる
でも本当は自分のことさえ
把握しきれない
なのに何が解ろう?

Mr.Children/fantasy 作詞:桜井和寿

サビ

「出来ないことはない」
「どこへだって行ける」
「つまずいても また立ち上がれる」
いわゆるそんな希望を
勘違いを 嘘を
IDカードに記して行こう

Mr.Children/fantasy 作詞:桜井和寿

<間奏>(12sec)

三番

Cメロ

昨夜ゆうべ見た夢の中の僕は兵士
敵に囲まれてた
だから仕方なく
7人の敵と吠える犬を
撃ち殺して逃げた

Mr.Children/fantasy 作詞:桜井和寿

大サビ

「僕らは愛し合い 幸せを分かち合い
  いびつで大きな隔たりも越えて行ける」
たとえばそんな願いを
誓いを 皮肉を
道連れに さぁ旅立とう
日常の中のファンタジーへと

Mr.Children/fantasy 作詞:桜井和寿

アウトロ(20sec)

あとがき

LIVE映像作品

NEXT

『FIGHT CLUB』~共に今を生き抜こうか my friend~

ブラッド・ピット主演の映画『ファイト・クラブ』をモチーフにした疾走感のあるロック・チューン。映画が公開された99年を舞台に、“仮想敵”と戦っていた当時の心境を振り返るような歌詞が印象的。伸びやかなサビのメロディが印象的。 […]

Read more