ロック的なナンバーでありながら、どうしようもなく切なく、寂しげなメロディがたまらないミスチルの隠れ名曲。バイクで夜の街を疾走する歌ではあるが、イケイケなムードは皆無。愛の苦しみが切実と描かれている。

ロードムービー [4:18]

アルバムQ
発売日2000年9月27日
曲順9/13
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
『Q』ジャケット

『Mr.Children 1992-1995』ジャケット
桜井和寿

2000年の元日に歌詞を書き上げた曲で、この曲が自分が作った中で最も気に入っています

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

絵画のように一瞬を切り取った描写になっていて「夜、君をバイクの後ろに乗せて走っている」という1シーンしかない曲。

FATHER&
MOTHER

君という幸せ(光)を背負い進行方向(未来)に進むがその先には暗闇が広がっているという設定と描写があまりにも秀逸。

FATHER&
MOTHER

街頭、2秒後、オートバイで全部韻踏めてるのすごい

FATHER&
MOTHER

短編映画を観たような充実感のある曲

FATHER&
MOTHER

シングル曲が少ない、セールスがいまいちだった。こんな理由で『Q』を聴かないのは本当にもったいない。こういう良曲を聴き逃すことになるから。

一番

イントロ(17sec)

Aメロ

いびつなうねりを上げながら
オートバイが走る
寝ぼけた君を乗せて
ほんの少しだけ急いで
月明かりが誘う場所へ

Mr.Children/ロードムービー 作詞:桜井和寿

Aメロ

嘆きも ぼやきも ため息も
風に飛んでいくよ
そして幸福なあの歌を
高らかに歌いながら
500Rのゆるいカーブへ

Mr.Children/ロードムービー 作詞:桜井和寿

サビ

今も僕らに付きまとう
幾つかの問題
時の流れに少し
身を委ねてみよう
この路の上の何処かに
あるはずのゴールライン
そんなビジョンを道連れにして

Mr.Children/ロードムービー 作詞:桜井和寿

二番

Aメロ

カーラジオも無く
そしてバックもしない
オートバイが走る
ただ君の温もりを
その優しい体温を
この背中に抱きしめながら

Mr.Children/ロードムービー 作詞:桜井和寿

<間奏>(17sec)

Aメロ

泣きながら君が見てた夢は
何を暗示してるの?
カラスが飛び交う空に
モノクロの輝く虹
誰も笑っていやしない動物園

Mr.Children/ロードムービー 作詞:桜井和寿

サビ

汗ばむ季節
君がふと見せてくれた情熱
ファミレスの裏の
野良犬が見てたキス
スカートの裾を濡らしはしゃいでた
あのビーチハウス
そんなシーンを道連れにして

Mr.Children/ロードムービー 作詞:桜井和寿

Aメロ

街灯が2秒後の未来を照らし
オートバイが走る
等間隔で置かれた
闇を越える快楽に
また少しスピードを上げて
もう1つ次の未来へ

Mr.Children/ロードムービー 作詞:桜井和寿

アウトロ(sec)

あとがき

LIVE映像作品

NEXT

『Q』ジャケット
『Everything is made from a dream』~そして マーチは続く~

本作のハイライトの一つ。この曲は『Q』のなかで作曲が桜井さん単独でなく、Mr.Children名義になっています。 アルバム Q 発売日 2000年9月27日 曲順 10/13 作詞・作曲 桜井和寿 編曲 小林武史&Mr […]

Read more