「未来」「and I love you」とともに、シングル「四次元 Four Dimensions」に収録されたナンバー。さまざまな葛藤を抱えながらも、ポジティヴに明日に向かうことを歌うアグレッシヴなポップ・ロック。映画『フライ,ダディ,フライ』主題歌。

ランニングハイ [4:20]

シングル27th 四次元 Four Dimensions
発売日2005年6月29日
アルバムI ♥ U
発売日2005年9月21日
曲順8/13
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
『I ♥ U』ジャケット
桜井和寿

ひとつのブームとかムーブメントがあってみんなが盛り上がってるとすごく引いちゃう。ちょっと変えないとなあと思ってた。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

冒頭セリフで始まるのすごい。歌詞が心に刺さる。

FATHER&
MOTHER

桜井さんの歌詞のレパートリーの広さ。

FATHER&
MOTHER

最後のサビ、叫び散らすかのように歌ってるのが最高。

一番

イントロ(16sec)

Aメロ

甲「理論武装で攻め勝ったと
思うなバカタレ!」
乙「分かってる 仕方ないだろう
他に打つ手立て無くて」

Mr.Children/ランニングハイ 作詞:桜井和寿

甲「威勢がいいわりにちっとも
前に進めてないぜっ」
乙「黙ってろ!この荷物の重さ
知らないくせして」

Mr.Children/ランニングハイ 作詞:桜井和寿

Bメロ

向こう側にいる
内面とドッチボール
威嚇して 逃げ回り
受け止めて 弾き返す

Mr.Children/ランニングハイ 作詞:桜井和寿

サビ

「もう疲れた誰か助けてよ!」
そんな合図出したって
誰も観ていない
ましてタイムを告げる笛は鳴らねぇ

Mr.Children/ランニングハイ 作詞:桜井和寿

なら 息絶えるまで駆けてみよう
恥をまき散らして
胸に纏う玉虫色の衣装を
はためかせていこう

Mr.Children/ランニングハイ 作詞:桜井和寿

二番

Aメロ

苛々して仕方ない日は
疲れた体を
都合のいい恋にあずけて
終われば 寝た振りして

Mr.Children/ランニングハイ 作詞:桜井和寿

あれっ 俺ッ 何してんだろう?
忘れた 分からねぇ
太陽が照りつけると
やけに後ろめたくて

Mr.Children/ランニングハイ 作詞:桜井和寿

Bメロ

前倣え 右へ倣えの欲望
気付けば要らんもんばかり
まだ間に合うかな
クーリングオフ

Mr.Children/ランニングハイ 作詞:桜井和寿

サビ

亡霊が出るというお屋敷を
キャタピラが踏みつぶして
来春ごろにマンションに
変わると代理人が告げる

Mr.Children/ランニングハイ 作詞:桜井和寿

また僕を育ててくれた景色が
呆気なく金になった
少しだけ感傷に浸った後
「まぁ それもそうだなぁ」

Mr.Children/ランニングハイ 作詞:桜井和寿

<間奏>(15sec)

三番

Cメロ

時代とか 社会とか
無理にでも敵に仕立てないと
味方を探せない
愉快に暮らせないよ

Mr.Children/ランニングハイ 作詞:桜井和寿

大サビ

仕組んだのは他の誰でもない
俺だって 自首したって
誰も聞いてない
まして罪が軽くなんかならねぇ

Mr.Children/ランニングハイ 作詞:桜井和寿

なら 息絶えるまで駆けてみよう
恥をまき散らして
退きどきだと言うなかれ素人!
まだ走れるんだ

Mr.Children/ランニングハイ 作詞:桜井和寿

息絶えるまで駆けてみよう
恥をまき散らして
胸に纏う玉虫色の衣装を
見せびらかしていこう

Mr.Children/ランニングハイ 作詞:桜井和寿

アウトロ(38sec)

あとがき

LIVE映像作品

LIVE映像

『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』

NEXT

『I ♥ U』ジャケット
『Sign』~残された時間が僕らにはあるから~

“イントロ・フレーズの名手”小林武史のピアノが奏でる冒頭のフレーズが切なさたっぷり。プロデューサーも含め、バンドとしての一体感を強く感じさせる曲だけに、2004年レコード大賞受賞も納得。 シングル 26th 発売日 20 […]

Read more

『四次元 Four Dimensions』 -全5曲-

『I ♥ U』 -全13曲-