優雅なストリングスに乗せて、別れた恋人に優しく語りかけるようにほろ苦い思い出を歌うミディアム・ナンバー。丸い音色のホーンが、セピア色の記憶に淡い色をつけていく。歌詞に攻撃的な言葉がまったくないのが、逆に印象的だ。

やわらかい風 [4:29]

アルバムHOME
発売日2007年3月14日
曲順8/14
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
『HOME』ジャケット
桜井和寿

いいメロディを持ったとてもカジュアルな曲だと思います。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

いま一緒にいてくれる人を大切することを思い出させてくれる。

FATHER&
MOTHER

コロナで大変なこの時期にどこか重なります。

FATHER&
MOTHER

アウトロがフェイクへの繋ぎになってる。

一番

桜井和寿

普段は音楽は本当に聴かないんだけど、どういうものを時代が欲しがっているか?それはニュースを観たり環境のことを思ったりして感じ取ってる。そういう五感だけでずっと自分は勝負してるんだなって思います。

イントロ(15sec)

Aメロ

やわらかい風が吹いたら
ふと目を瞑って
元気で過ごしてるかな?
そんなことを思うんだ

Mr.Children/やわらかい風 作詞:桜井和寿

からっ風が吹いたから
少し手をつないで歩こうよ
花や草木に習い僕らかるく揺れながら
(空風の帰り道)

Bメロ

君の自転車の後をジョギングして
かけてく遊歩道
それで嬉しかった

Mr.Children/やわらかい風 作詞:桜井和寿

自転車に乗って
つゆ草をかきわけて行く
君をずっと眺めていた
(思春期の夏 ~君との恋が今も牧場に~)

サビ

何気なく笑い合えたな
会話なんてなくたって
忙しく過ごしてるかな?
風邪なんかひいていないかな?

Mr.Children/やわらかい風 作詞:桜井和寿

職場にて疲れきった体を
僕がそばにいて抱きしめたいな
(また会えるかな)

二番

桜井和寿

今この世の中で自分が生きてるっていうことを確認するために、死を確認させるためのロックが必要かって言われたら、たぶんほんとはあんまり必要ないのかもしれない。

Aメロ

君が抱いてた悲しみ
寂しさ もどかしさ
何にもしてやれなかったなぁ
それが悔しかった

Mr.Children/やわらかい風 作詞:桜井和寿

あと どのくらいすれば忘れられんのだろう?
過去の自分に向けた この後悔と憎悪
(NOT FOUND)

Bメロ

もっと大きな器で
もっと優しくて
そういう僕なら君を救えたろうな

Mr.Children/やわらかい風 作詞:桜井和寿

つまずいたり転んだりするようなら
そっと手を差し伸べるよ
(HERO)

サビ

世知辛い時代だと
アナウンスされてるけど
君と過ごした時間があるから
僕は恵まれてるって言える

Mr.Children/やわらかい風 作詞:桜井和寿

愛し愛されてたとしても
そう感じられるのは一瞬で
その一瞬を君は僕に分けてくれた
(others)

間奏(14sec)

三番

桜井和寿

なぜならロックなんかなくても地球は死の匂いでいっぱいだし、どんどん悪くなってるってことをもうみんなインプットされてるから。だからこそそういう状況の中でも日常の中に生きる喜びがあるんじゃないかって。

Cメロ

始まりも終わりも
どこかあやふやで
頭の切り替えが
上手くいかないまんま

Mr.Children/やわらかい風 作詞:桜井和寿

心臓を揺らして
鐘の音が聴こえる
僕だけが幕を下ろせないストーリー
(memories)

サビ

何気なく笑い合えたな
今もそうならいいな
忙しく過ごしてるかな?
誰かと出会っているかな?

Mr.Children/やわらかい風 作詞:桜井和寿

何も語らない君の瞳も
いつか思い出となる
(Over)

大サビ

やわらかい風が吹いたら
また目を瞑って
元気で過ごしてるかな?
そんなことを思うんだ

Mr.Children/やわらかい風 作詞:桜井和寿

やわらかい風が吹いたら…
やわらかい風が吹いたら…

Mr.Children/やわらかい風 作詞:桜井和寿

アウトロ(42sec)

LIVE映像作品

NEXT

『HOME』ジャケット
『フェイク』~ それすら...~

2007年に40万枚限定でリリースされた30thシングル。ミスチルのアグレッシヴな面が全開のダンサブル・ロックで、歌詞にも刺激的な言葉が並んでいる。本物と嘘が入り混じる世の中を、鋭く切り取ったポップ・ナンバーだ。前作「し […]

Read more