アルバム『HOME』のオープニングにふさわしいアップ・テンポのポップ・チューン。“鏡の中の湿っぽい自分”に畳み掛ける叱咤激励の言葉に、ゴージャスなホーンが辛味を添える。「wake me up」のリフに重なるSalyuのコーラスもソウルフル。

Wake me up! [5:52]

アルバムHOME
発売日2007年3月14日
曲順2/14
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
『HOME』ジャケット
桜井和寿

何かが始まるような、その予感を感じさせる曲なので一曲目がいいなって。あと僕がダビングして重ねているんですけど、エンディングのコーラスがすごく好きです。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

朝起きて少し気怠いなと思ったら絶対聴く曲です。

FATHER&
MOTHER

地球の回る音がじわじわってのがおもしろいよね。

FATHER&
MOTHER

元気が湧き出ます!

一番

桜井和寿

凄くカウンターなポップアルバムができたなと思っていて。それはやっぱりラジオとかから流れてくるロック的なものが、凄く嘘くさく聴こえてきたからなんですよね。

イントロ(37sec)

Aメロ

水平線がおひさまとキスしながら
一日の始まりを讃える
僕は大きく背伸びをしながら
あくびなんかしてそれに答える

Mr.Children/Wake me up! 作詞:桜井和寿

太陽は昇り
どんな人の上にもまた新しい
暖かな光
(End of the day)

Bメロ

耳を澄ましたら
ほら聞こえてきそうだよ
ジワジワって地球が回る音
まるでイントロみたいに

Mr.Children/Wake me up! 作詞:桜井和寿

この星のリズムは
君に笑顔を降らすから
(もっと)

サビ①

Wake me up!
今日こそ
吐き気をもよおしそうな
鏡の中の湿っぽい顔した
自分に手を振るよ

Mr.Children/Wake me up! 作詞:桜井和寿

凹んではひねくれていた
昨日も連れて行こう
この目の前にある恐ろしくて
それでいて優しい海原を
僕は泳いでく

Mr.Children/Wake me up! 作詞:桜井和寿

どういう未来が待っていようとも
向こうの景色を僕は見に行かなくちゃ
(Happy Song)

二番

桜井和寿

不景気で、環境にも社会に全体にも何か死のムードが漂ってような時に、それでもロック的なものをロックの形式にのとってやるのが凄くうそくさくて。

Aメロ

表彰台に登った記憶なんかない
それで何不自由なく暮らしてきた
ひょっとしたら
「あきらめろ」って僕は
僕自身を説得してきたのかも

Mr.Children/Wake me up! 作詞:桜井和寿

恵まれてる違う誰かと比べてはいつも
諦めることだけが上手くなって
(君と重ねたモノローグ)

Bメロ

自分らしくある事
そこに甘えずに
生きていたい
でもそのための一歩が
踏み出せずにいるんだ

Mr.Children/Wake me up! 作詞:桜井和寿

知らぬ間に築いていた
自分らしさの檻の中で
もがいているなら
(名もなき詩)

サビ②

Wake me up!
祈るように
ありきたりの日々を
自分自身にかけた
催眠術を解いて
目を開こう

Mr.Children/Wake me up! 作詞:桜井和寿

「心の闇」だなんだって
時代の所為にしてきたろう?
この街中にある
満ち足りていて
でも空虚な砂漠を
君と歩いてく

Mr.Children/Wake me up! 作詞:桜井和寿

君と歩いていく
時に嵐に たまに流れに
飲み込まれそうになるけど
(ひびき)

間奏(33sec)

三番

桜井和寿

だから、ささやかな日常を凄く大切にしながら、何てことのない音楽を鳴らして行くことのほうがよっぽどロック的だなと思ってました。本当の意味でのロックというか。

Cメロ

明日になる前に
今日が終わる前に
見出せるかな
産まれては消える命の意味を

Mr.Children/Wake me up! 作詞:桜井和寿

生まれた瞬間から
ゆっくりと死んでゆく
(通り雨)

大サビ

Wake me up!
行こうよ
吐き気をもよおしそうな
鏡の中の湿っぽい顔した人よ
またいつか会おう

Mr.Children/Wake me up! 作詞:桜井和寿

凹んではひねくれていた
昨日も連れて行こう
この目の前にある恐ろしくて
それでいて優しい海原を
僕は泳いでく
君と泳いでく

Mr.Children/Wake me up! 作詞:桜井和寿

陽のあたる坂道を昇る
その前にまた何処かで
会えるといいな
(innocent world)

革命は起きない
ありきたりの日々を
祈るように生きよう

Mr.Children/Wake me up! 作詞:桜井和寿

単調な生活を繰り返すだけ
そんな毎日もいいさ
(雨のち晴れ)

Wake me up
Wake me up

Mr.Children/Wake me up! 作詞:桜井和寿

アウトロ(24sec)

あとがき

「私を起こして!」というタイトルのとおり、爽やかな朝をイメージさせるメロディです。アルバムのスタートにぴったり。イントロのリズムに合わせて身体を動かしたくなります。「水平線がおひさまとキスしながら一日の始まりを讃える」 この冒頭の歌詞も可愛くていいですよね。“Wake me up”は「私を目覚めさせる(気づかせる)」のほかに、比喩的に「現実を見つめさせる」のニュアンスでも使われます。夢から覚めて、“ありきたりの日々(現実)”と向き合おうというダブルミーニングでしょうか。

『Mr.Children"HOME"TOUR 2007 ~in the field~』ではアンコール一曲目に演奏されました。DVDケースにはカメの甲羅をつけたウサギが描かれています。足は速いけど油断してしまうウサギではなく、足は遅いが着実にまっすぐ進むカメでもない。このイラストのメッセージは何でしょうね。メニュー画面はそのウサギカメ?が乗った表彰台になっています。これは2番のAメロ「表彰台に登った記憶なんかない それで何不自由なく暮らしてきた」からインスパイアされています。

朝が来て日常が 僕らを叩き起こし
逃げるようにベッドから這い出る

Mr.Children/Another Story 作詞:桜井和寿

LIVE映像作品

NEXT

『HOME』ジャケット
『彩り』~ ただいま。おかえり。~

凛としたピアノの音色が胸に響くミディアム・バラード。繰り返される平凡で単調な日常の大切さを綴った歌詞は、ティーンエイジャーのみならず、団塊の世代からも共感を呼びそうだ。オリンパスCMソング。 アルバム HOME 発売日 […]

Read more