凛としたピアノの音色が胸に響くミディアム・バラード。繰り返される平凡で単調な日常の大切さを綴った歌詞は、ティーンエイジャーのみならず、団塊の世代からも共感を呼びそうだ。オリンパスCMソング。

彩り [5:25]

アルバムHOME
発売日2007年3月14日
曲順3/14
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
『HOME』ジャケット
桜井和寿

この曲に触発されていろいろな歌ができていったんですよね。まさに"彩り"という一曲が、扉を開けてくれたんですよ。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

社会に出て働き始めて、改めて聞くと心に響く。

FATHER&
MOTHER

一番は「ただ~」、二番は「いま~」 始まりを合わせると「ただいま」

FATHER&
MOTHER

" irodori "反対から読んでも" 彩り "

一番

イントロ(18sec)

Aメロ

ただ 目の前に並べられた
仕事を手際よくこなしてく
コーヒーを相棒にして

Mr.Children/彩り 作詞:桜井和寿

いいさ
誰が褒めるでもないけど
小さなプライドをこの胸に
勲章みたいに付けて

Mr.Children/彩り 作詞:桜井和寿

もうちょっと もうちょっと
頑張ってみるから
(雨のち晴れ)

サビ①

僕のした単純作業が
この世界を回り回って
まだ出会ったこともない人の
笑い声を作ってゆく

Mr.Children/彩り 作詞:桜井和寿

そんな些細な生き甲斐が
日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に
少ないけど 赤 黄色 緑

Mr.Children/彩り 作詞:桜井和寿

ほら世界は確かに繋がっているよ
(海にて、心は裸になりたがる)

二番

Aメロ

社会とか世界のどこかで
起きる大きな出来事を
取り上げて議論して

Mr.Children/彩り 作詞:桜井和寿

少し 自分が高尚な人種に
なれた気がして
夜が明けて
また小さな庶民

Mr.Children/彩り 作詞:桜井和寿

どうなってるんだろう?
ここ最近のニュース
(フラジャイル)

サビ②

憧れにはほど遠くって
手を伸ばしても届かなくて
カタログは付箋したまんま
ゴミ箱へと捨てるのがオチ

Mr.Children/彩り 作詞:桜井和寿

そして些細な生き甲斐は
時に馬鹿馬鹿しく思える
あわてて僕は彩を探す
にじんでいても 金 銀 紫

Mr.Children/彩り 作詞:桜井和寿

目指したものが
自分とはあまりにかけ離れてて
(End of the day)

間奏(18sec)

ただいま

おかえり

Mr.Children/彩り 作詞:桜井和寿

三番

桜井和寿

モノゴトを考える角度とか、心のもちようによって、いかに退屈な日常を“色のある、華やかなものとして楽しんでいくか”というのを伝えたかった。

サビ③

なんてことのない作業が
この世界を回り回って
何処の誰かも知らない人の
笑い声を作ってゆく

Mr.Children/彩り 作詞:桜井和寿

そんな些細な生き甲斐が
日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に
増やしていく 水色 オレンジ

Mr.Children/彩り 作詞:桜井和寿

また12色の心で
好きな背景を描きたして行く
(Any)

大サビ

なんてことのない作業が
回り回り回り回って
今 僕の目の前の人の
笑い顔を作ってゆく

Mr.Children/彩り 作詞:桜井和寿

そんな確かな生き甲斐は
日常に彩りを加える
モノクロの僕の毎日に
頬が染まる 温かなピンク

Mr.Children/彩り 作詞:桜井和寿

増やしていく
きれいな彩り

Mr.Children/彩り 作詞:桜井和寿

誰もひとりじゃない
きっとどっかで繋がって
この世界を動かす小さな歯車
(The song of praise)

大切なものは いつだって
目の前に転がってる
(Image)

アウトロ(30sec)

あとがき

初披露は『HOME』発売前の「ap bank fes '06」で、「ap bank fes '09」のライブDVDにも収録されています。また、無観客生配信ライブとなった「ap bank fes ’21 online in KURKKU FIELDS」では1曲目に演奏されました。ap bank fesにゆかりの深い曲です。自然に囲まれながら聴く『彩り』は格別だと思います。ちなみに「I'll be」もap bank fes常連曲です。

Mステが実施したファンが選んだ「私の推し曲ベスト10」でも名だたるシングル曲を抑えて上位に入ってましたね。Mr.Childrenをあまり聴いたことない人に最初にオススメするアルバムは「彩り」をリード曲とする『HOME』が良いのではと個人的に思っています。

私の推し曲ベスト10(2022年5月13日放送)

  • 1位 終わりなき旅
  • 2位 彩り
  • 3位 GIFT
  • 4位 innocent world
  • 5位 足音
  • 6位 名もなき詩
  • 7位 HANABI
  • 8位 Tomorrow Never Knows
  • 9位 HERO
  • 10位 くるみ

LIVE映像作品

LIVE映像

桜井和寿

Mr.Childrenという存在が、何かいい影響を世の中やリスナーに及ぼせるんだったら、それはもう喜んでやろうって。

『Mr.Children“HOME”TOUR 2007』

MUSIC VIDEO

桜井和寿

"HOME"をいちばん象徴している曲です。

NEXT

『HOME』ジャケット
『箒星』~目を瞑っても消えない光~

「四次元Four Dimensions」に続き、約1年ぶりに発表のシングル。爽快な疾走感とシンプルなギター・リフを軸とした、生々しくもポップなロック・チューン。何かとしんどい世の中だけど、「箒星」みたいな希望の光を見つけ […]

Read more