2007年に40万枚限定でリリースされた30thシングル。ミスチルのアグレッシヴな面が全開のダンサブル・ロックで、歌詞にも刺激的な言葉が並んでいる。本物と嘘が入り混じる世の中を、鋭く切り取ったポップ・ナンバーだ。前作「しるし」とは対極に位置する楽曲に、トップ・アーティストの貫禄が感じられる。妻夫木聡と柴咲コウ主演の映画『どろろ』主題歌。

フェイク [4:55]

シングル30th
発売日2007年1月24日
アルバムHOME
発売日2007年3月14日
曲順9/14
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
『HOME』ジャケット
Mr.Children 2005-2010
桜井和寿

『本物』ってなんだ?そんな疑問がこの曲をつくるきっかけになっています。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

暖かい曲が多いHOMEの中でも異彩を放つ1曲。

FATHER&
MOTHER

大人になって歌詞の意味が色々理解できるようになって更に好きになった。

FATHER&
MOTHER

ライヴのフェイクからのAnyが好きすぎる!

一番

桜井和寿

ありとあらゆるところに『本物ではないもの』が存在して、それを受け入れながら僕らは暮らしています。憂うでもなく、批判するでも肯定するでもなく、たくさんの嘘と矛盾を抱えたできそこないの一人として、そのことをただ『リアル』に音にしたかった。

イントロ(20sec)

Aメロ

言ってしまえば僕らなんか
似せて作ったマガイモノです
すぐにそれと見破られぬように
上げ底して暮らしています

Mr.Children/フェイク 作詞:桜井和寿

真実からは嘘を
嘘からは真実を
夢中で探してきたけど
(Any)

Bメロ

ほっぺたから横隔膜まで
誰かを呪ってやるって
気持ち膨らまし
「こんなんじゃ嫌だ!」
って苦肉の策を練って
なんとか今日を生きてるよ

Mr.Children/フェイク 作詞:桜井和寿

生きてる理由なんてない
だけど死にたくもない
こうして今日をやり過ごしてる
(未来)

サビ

虚しさを抱えて
夢をぶら下げ
二階建ての明日へと
TAKE OFF

Mr.Children/フェイク 作詞:桜井和寿

灰になっても
諦めちゃまた始めから
出直したりして
まだ自分を
嫌いになれずにいるみたいだ
oh oh oh
体中に染みついている
嘘を信じていく

Mr.Children/フェイク 作詞:桜井和寿

自分に嘘をつくのがだんだん上手くなってゆく
流れ行く時代にしがみつく僕を笑い飛ばしてよ
(Prsim)

二番

Aメロ

どれくらいのペースで行こう?
まずは何番手に着こう?
あれこれって知恵を絞った
あげくが裏目にでます

Mr.Children/フェイク 作詞:桜井和寿

首を傾げて 意義を唱えても
これが現実と押さえ込まれた
(ロックンロールは生きている)

Bメロ

「愛してる」って
女が言ってきたって
誰かと取っ替えのきく
代用品でしかないんだ
ホック外してる
途中で気付いていたって
ただ腰を振り続けるよ

Mr.Children/フェイク 作詞:桜井和寿

愛だ恋だとぬかしたって
所詮は僕等アニマルなんです
(ニシエヒガシエ)

愛という 素敵な嘘で騙してほしい
(NOT FOUND)

サビ

寂しさを背負って
恋に繋がれ
地下二階の過去から
TAKE OFF

Mr.Children/フェイク 作詞:桜井和寿

ハイエナのよう
つまずいて抜かれたけど
びゅんと追い詰めて
ちょっと自分にプライドを
取り戻せたのに oh oh oh
この手が掴んだものは
またしてもフェイク

Mr.Children/フェイク 作詞:桜井和寿

嘘や矛盾を両手に抱え
「それも人だよ」と悟れるの?
(Everything (It's you))

間奏(23sec)

三番

桜井和寿

ミュージシャンがライブ会場でメッセージを発信するみたいなのも、自分が信頼されてんのは自分に降ってきた音楽があってこその信頼なのに、それを勘違いして自分が信頼されてると思って自分の言葉を発信するみたいなことが謙虚じゃないなって気がして。

Cメロ

飛び込んでくる音
目に入る映像
暫く遮断して心を澄まして
何が見えますか?
誰の声が聞こえますか?
いつまでも抱きしめていれるかな?

Mr.Children/フェイク 作詞:桜井和寿

目じゃないとこ
耳じゃないどこかを使って
見聞きをしなければ
見落としてしまう
何かに擬態したものばかり
(擬態)

大サビ

虚しさを抱えて
夢をぶら下げ
二階建ての明日へと
TAKE OFF
ハイジャンプしよう

Mr.Children/フェイク 作詞:桜井和寿

騙されちゃ
また懲りもせず
信じたりして
もう誰も疑わずにいれるなら
oh oh oh

Mr.Children/フェイク 作詞:桜井和寿

許し合えるなら
大切に抱きしめてた宝物が
ある日 急に
偽物と明かされても
oh oh oh

Mr.Children/フェイク 作詞:桜井和寿

世界中にすり込まれている
嘘を信じていく
すべてはフェイク

Mr.Children/フェイク 作詞:桜井和寿

それすら…

Mr.Children/フェイク 作詞:桜井和寿

LIVE映像作品

MUSIC VIDEO

NEXT

『HOME』ジャケット
『ポケット カスタネット』~つないだ手が語りかける~

リズムのパートがアルバム『HOME』収録の「叫び 祈り」と一対になったナンバー。ほぼア・カペラの前半は、天から降り注ぐ陽射しのようなSalyuのコーラスが賛美歌のよう。後半でブレイクビーツへと鮮やかに変化するサウンド構成 […]

Read more