ミスチル初期の人気曲のひとつで、タイトルからしてエヴァーグリーンな甘酸っぱさが漂うアフター・サマー・ソングの決定版。洗練されたライトなシティ・ポップ風アレンジも、初期ならではの魅力。ミニアルバム『EVERYTHING』でメジャーデビューしているため、本作はデビューシングルではなく1stシングルと表すのが正しい。

君がいた夏 [5:51]

シングル1st
発売日1992年8月21日
アルバムEVERYTHING
発売日1992年5月10日
曲順3/7
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
『EVERYTHING』ジャケット
『Mr.Children 1992-1995』ジャケット
桜井和寿

いい音楽を作ってたら売れると思ってたから、どう世の中に見せていくかっていうレコード会社的な視点はまったく持ってなかった。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

1stシングルからいきなり完成度の高い曲だよね。もうこの頃から国民的なモンスターバンドになる兆しがあったんだね。

FATHER&
MOTHER

夏の終わりに聴くとしんみりとなります。

FATHER&
MOTHER

「キリンぐらい首を 長くしてずっと待っていたのが まるで夢のように」ここの歌詞好き。

一番

イントロ(27sec)

Aメロ

暮れの海に
ほほを染めた君が
誰よりも 何よりも
一番好きだった

二人していつも
あの海を見てたね
日に焼けた
お互いの
肩にもたれたまま
一日中 笑ってた

Mr.Children/君がいた夏 作詞:桜井和寿

Bメロ

キリンぐらい首を長くしてずっと
待っていたのが
まるで夢のように

Mr.Children/君がいた夏 作詞:桜井和寿

サビ

また夏が終わる
もうさよならだね
時は二人を引き離して行く

おもちゃの時計の針を戻しても
何も変わらない
Oh I will miss you

Mr.Children/君がいた夏 作詞:桜井和寿

二番

Aメロ

君と出会ってから
何も手につかずに
意味のないラクガキを
繰り返しているよ

誰よりも早く
君を見つけたくて
自転車で駆け抜けた
真夏の朝早く
波打ち際たどって

Mr.Children/君がいた夏 作詞:桜井和寿

Bメロ

秋が来れば僕ら
また元の場所へ
戻ってくけど気持ちはこのまま

Mr.Children/君がいた夏 作詞:桜井和寿

サビ

また夏が終わる
もうさよならだね
時は二人を引き離して行く

言葉にできずに
そっと離れても
いつか この胸に
Oh I will miss you

Mr.Children/君がいた夏 作詞:桜井和寿

三番

Cメロ

ひまわりの坂道
駆け降りてく君が
振り向いた あの空の
眩しさが今でも

Mr.Children/君がいた夏 作詞:桜井和寿

大サビ

また夏が終わる
もうさよならだね
時は二人を引き離して行く

おもちゃの時計の針を戻しても
何も変わらない
Oh I will miss you

Mr.Children/君がいた夏 作詞:桜井和寿

アウトロ(45sec)

あとがき

LIVE映像作品

LIVE映像

『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』

MUSIC VIDEO

NEXT

『EVERYTHING』ジャケット
『風 ~The wind knows how I feel~』風は知ってるんだ

アマチュア時代のタイトルは「風」で、サブタイトルがない状態だった。後に『ap bank fes '07』において演奏された。 アルバム EVERYTHING 発売日 1992年5月10日 曲順 4/7 作詞・作曲 桜井和 […]

Read more