「Fuckする豚だ」「Kill me」などの過激なフレーズが散りばめられた攻撃的なロックナンバー。ツアー『Mr.Children TOUR "REGRESS OR PROGRSS" '96-'97 FINAL』では桜井がカプセルに入り、ミュージック・ビデオの世界観を再現したような演出で披露された。

Brandnew my lover [4:47]

アルバムBOLERO
発売日1997年3月5日
曲順4/12
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
『BOLERO』ジャケット
桜井和寿

ストレートで真面目な恋の歌てっとるかもしれないんだけど、僕にとっては「真面目に愚かに恋をしている男が愛しい」っていう、そういう風な気持ちで書いてる。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

「ジェラシー」や「虜」を更にどぎつくした様な歪な愛を描いてる。

FATHER&
MOTHER

声、曲調、MV、全てがカッコいいし歌詞がエロい。【es】が聞こえてくる。

FATHER&
MOTHER

50代になったMr.Childrenさんの「Brandnew my lover」が聴きたい。

一番

イントロ(38sec)

Aメロ

奇妙な
夢見るような気分で胸に抱かれて
無重力
おまえの宇宙へと引きずり込んでおくれ

Mr.Children/Brandnew my lover 作詞:桜井和寿

Aメロ

無礼な
口の聞き方も知らない小娘
孤独な
夜の為の生け贄がこの俺

Mr.Children/Brandnew my lover 作詞:桜井和寿

Bメロ

Kiss me…
(溺れる者が藁にもすがるように)
Kiss me…
(浮き沈みしながら人は愛をむさぼる)
Kiss me…
(ナルシズムと自虐の狭間で彷徨う)
Kiss me…
残酷に飼い慣し 快楽の奴隷にして

Mr.Children/Brandnew my lover 作詞:桜井和寿

サビ

Brandnew my lover
モザイクの身体
存在自体がもうすでに意味深

Brandnew my lover
Fuckする豚だ
始めようよ 愛欲のA.B.C

Mr.Children/Brandnew my lover 作詞:桜井和寿

二番

Aメロ

淀んだ
ゲスな世間の裏側を旅して
華麗な
その秘密の手解きでやられたい

Mr.Children/Brandnew my lover 作詞:桜井和寿

Bメロ

Kill me…
(血を流す度に生きてる事に気付き)
Kill me…
(騙し合いながら真実へと辿り着く)
Kill me…
(古き良き愛の幻想など今はない)
Kill me…
見え透いた嘘もいい 優しく殺してくれ

Mr.Children/Brandnew my lover 作詞:桜井和寿

サビ

Brandnew my lover
不細工な面だ
鎖で縛られた美意識

Brandnew my lover
恥じらいは邪魔だ
麻酔かけられたような Ecstasy

Mr.Children/Brandnew my lover 作詞:桜井和寿

<間奏>(43sec)

Brandnew past
Brandnew kiss
Brandnew love
Brandnew heart
Brandnew soul
Brandnew life

三番

大サビ

Brandnew my lover
モザイクの身体
今夜もしなやかに Up side down

Brandnew my lover
もう壊れそうだ
愛してるなんて言わないでくれ

Mr.Children/Brandnew my lover 作詞:桜井和寿

Brandnew my lover
あがいても無駄だ
麻酔かけられたような Ecstasy

Brandnew my lover
Fuck する豚だ
果てない 愛欲のA.B.C

Mr.Children/Brandnew my lover 作詞:桜井和寿

そしてX.Y.Z
All I want is you

Mr.Children/Brandnew my lover 作詞:桜井和寿

アウトロ(12sec)

あとがき

LIVE映像作品

MUSIC VIDEO

NEXT

『BOLERO』ジャケット
『【es】 〜Theme of es〜』~僕の中にある 「es」~

ミスチルの人気が沸点に達した95年に、彼らを題材に、プロデューサーの小林武史が自ら監督した映画『Mr.Children in FILM [es]』の主題歌で、オーケストラを前面にもってきた荘厳なバラードに仕上がっている。 […]

Read more