97年発表の13thシングル「Everything(It's you)」のカップリング曲。ジャミロクワイを意識したという緩いグルーヴは、ミスチルとしては異色のサウンドだ。“デルモ”と“おりも(政夫)”をかけた脱力のオチが、意表を突いている。

デルモ [5:27]

シングル13th カップリング
発売日1997年2月5日
アルバムB-SIDE
発売日2007年5月10日
曲順8/11 (DISC1)
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
B-SIDE ジャケット

桜井和寿

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

改めて思い知るバリエーションの豊富さ引き出しの多さ……それでいてのクオリティーの高さ

FATHER&
MOTHER

ミスチルの曲はイントロがほんとに凄い、独特の世界観があってどんどん引き込まれる。

FATHER&
MOTHER

けだるい感じがたまらん

一番

イントロ(47sec)

Aメロ

東京―パリ間を
行ったり来たりして
順風満帆の20代後半だね

バブリーな世代交代の
波押し退けて
クライアントに
媚び売ったりなんかして

Mr.Children/デルモ 作詞:桜井和寿

Bメロ

いつも自己管理
ダイエット 睡眠不足
華やかな様であって
死んだ気になりやってんだ

Mr.Children/デルモ 作詞:桜井和寿

サビ

デルモって言ったら
“えっ!"ってみんなが
一目置いて 扱って
4、5年も前なら
そんな感じに
ちょっと酔いしれたけど

寂しいって言ったら
ぜいたくかな
かいかぶられて いつだって
心許せる人はなく
振り向けば一人きり

Mr.Children/デルモ 作詞:桜井和寿

二番

Aメロ

自分の男性観が屈折しているのに
マザコンだらけの
世代を笑ってみたり
毎晩オサカンな無名時代の友と
長距離電話
そんでもって彼女が云うには

Mr.Children/デルモ 作詞:桜井和寿

Bメロ

こんな事聞いて
誤解しないでよ
縛られるのって 結構
気持ちいいかもしんないな

Mr.Children/デルモ 作詞:桜井和寿

サビ

あのね
この間 ふと思ったの
“幸せ"ってつまり何なのよ
結婚であったり 恋が女の
全てじゃないにしても

心にポッカリ空いたまんまの
穴を何が埋めてくれるの
嬉しいよな 悲しいよな
時には涙 モデル

Mr.Children/デルモ 作詞:桜井和寿

<間奏>(10sec)

三番

Cメロ

母の優しき面影を
追いかけて唄う
ふるさとの子守唄

Mr.Children/デルモ 作詞:桜井和寿

大サビ

デルモって言ったら
“あっ!"ってみんなが
ものめずらし気に見ちゃって
10代の頃は そんな感じを
ひたすら夢見たけど

苦しいって言ったら
大げさかな
かいかぶられて いつだって
心開ける人はなく
気が付けば一人きり

この間 また思ったの
“幸せ"ってつまり何なのよ
子供作っちゃえばってみんなが
軽いノリで言うけど

私にとっては深刻なの
満たされなくて いつだって
嬉しいよな 悲しいよな
ちょっぴり涙 モデル

Mr.Children/デルモ 作詞:桜井和寿

アウトロ(70sec)

まだまだ若いの (デルモ)
輝いてたいの (デルモ)
私が世界の (デルモ)
水泳大会の (おりも政夫)

Mr.Children/デルモ 作詞:桜井和寿

Uh デルモ…
Ah オリモ…

あとがき

LIVE映像作品

NEXT

B-SIDE ジャケット
『独り言』~君にだけに聞こえりゃいいんだよ~

99年発表の16thシングル「光の射す方へ」に収録された、アコギとブルース・ハープのシンプルな弾き語りナンバー。桜井のフォーキーな歌唱と“独り言”のコーラスが、ボブ・ディランの「ノッキン・オン・ヘヴンズ・ドア」を彷彿とさ […]

Read more