ミスチルの出世作。どこか懐かしさを感じさせるアナログ的サウンドが、90年代初頭の邦楽シーンの空白にスッポリとはまった。ポップ・ソングでありながら、簡単に聴き流せない歌詞の情報量の多さは彼らならでは。

CROSS ROAD [4:32]

シングル4th
発売日1993年11月10日
アルバムAtomic Heart
発売日1994年9月1日
曲順6/12
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children

『Mr.Children 1992-1995』ジャケット
桜井和寿

100万枚売れる曲ができた!

小林武史

次の『innocent world』を思えばまだ“習作”というか。

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

Mr.Childrenの原点にして頂点。

FATHER&
MOTHER

"初期ミスチル"の初々しい爽やかさから大人びた風格漂う作風に変わった

FATHER&
MOTHER

ここからミスチルの快進撃、大ブレイクが始まるんだなあ

FATHER&
MOTHER

4thシングルにしてこんな名曲を書けるのは流石としか言いようがない

FATHER&
MOTHER

シングル前3作と比べると完成度が桁違いに良く、イントロから名曲の風格が漂っている

一番

イントロ(19sec)

Aメロ

lookin' for love
今建ち並ぶ
街の中で口ずさむ
「ticket to ride 」
あきれるくらい
君へのメロディー

Mr.Children/CROSS ROAD 作詞:桜井和寿

Aメロ

遠い記憶 の中にだけ
君の姿探しても
もう戻らない でも忘れない
愛しい微笑み

Mr.Children/CROSS ROAD 作詞:桜井和寿

Bメロ

真冬のひまわりのように
鮮やかに揺れてる
過ぎ去った季節に
置き忘れた時間を
もう一度 つかまえたい

Mr.Children/CROSS ROAD 作詞:桜井和寿

サビ

誰もが胸の奥に
秘めた 迷いの中で Uh
手にしたぬくもりを
それぞれに抱きしめて
新たなる道を行く
(Oh yes oh yes uh)

Mr.Children/CROSS ROAD 作詞:桜井和寿

二番

Aメロ

誘惑に 彩られた
一度だけの誤ちを
今も君は 許せぬまま
暮らす毎日

Mr.Children/CROSS ROAD 作詞:桜井和寿

Bメロ

冷たい風に吹かれて
たたずむマテリアルワールド
立ち止まる cross road
さまよう winding road
傷つけずには愛せない

Mr.Children/CROSS ROAD 作詞:桜井和寿

サビ

遠く想い焦がれて
はりさけそうな夜も Uh
この手に受け止める
つかの間の悲しみは
やがて輝く未来へと
(yes oh yes uh)

Mr.Children/CROSS ROAD 作詞:桜井和寿

<間奏>(10sec)

三番

Cメロ

抱き合う度にいつも
二人歩んだ日々の
答えを探してきたけど
崩れてく音もたてずに
果たせぬままのdream

Mr.Children/CROSS ROAD 作詞:桜井和寿

大サビ

誰もが胸の奥に
秘めた 迷いの中で Uh
手にしたぬくもりを
それぞれに抱きしめて
新たなる道を行く
(Oh yes oh yes uh)

Mr.Children/CROSS ROAD 作詞:桜井和寿

遠く想い焦がれて
はりさけそうな夜も Uh
この手に受け止める
つかの間の悲しみは
やがて輝く未来へと
(yes oh yes uh)

Mr.Children/CROSS ROAD 作詞:桜井和寿

アウトロ(20sec)

あとがき

全10曲あるミリオンヒットシングルの一曲目。ミスチル現象の始まりを告げるメモリアルソングです。

歌詞の「やがて輝く未来へと」に続くように、ここからスターダムへの階段を駆け上っていきます!

映像作品は少ないので『Mr.Children"HOME"TOUR 2007 ~in the field~』のバラードアレンジは貴重です。軽く泣けます;;

LIVE映像作品

MUSIC VIDEO

NEXT

『ジェラシー』~魔性の恋に魅せられて~

テクノのような手法を取り入れた実験的な曲で、人はなぜ人を愛するのかということ、自然、地球愛、DNA、という壮大なテーマの歌詞となっている。 アルバム Atomic Heart 発売日 1994年9月1日 曲順 7/12 […]

Read more