昔のクラスメイトと再会し、惨めな恋に落ちてしまう男を描いたラヴ・ソング。曲全体を柔らかなホーン・セクションが包む、プリAOR的なアレンジが切なさを倍増させる仕組み。なんだかバブリーな情景が懐かしい。

クラスメイト [5:26]

シングル7th カップリング
発売日1994年12月12日
アルバムAtomic Heart
発売日1994年9月1日
曲順5/12
作詞・作曲桜井和寿
編曲小林武史&Mr.Children
桜井和寿

感想・コメント

FATHER&
MOTHER

しばらくは彼の話しはやめとこう。しばらく別れの話しはやめとこう。この掛詞好きです。

FATHER&
MOTHER

レトロな感じの曲調というか雰囲気がおしゃれ。夕暮れや朝焼けがよく似合いそうな黄昏れた音像

FATHER&
MOTHER

この曲聴くと中学の時の好きな女の子を思い出してしまう。

一番

イントロ(20sec)

Aメロ

多忙な仕事あってこそ
優雅な生活くらし
なのにやりきれぬ
Oh sunday morning

Mr.Children/クラスメイト 作詞:桜井和寿

愛を語らい合って
過ごしたいけれど
悩める事情に さいなまれ

Mr.Children/クラスメイト 作詞:桜井和寿

Bメロ

陽は傾き街は3時
少し遅い君とのランチ
後ろめたさで
微かに笑顔が沈んじゃうのは
仕方がないけれど

Mr.Children/クラスメイト 作詞:桜井和寿

サビ

3ヵ月前の再会から
思ってもない様な 急転回
今じゃ もっと彼女に恋をして
もう 振り出しに戻れるわけない
「ただのクラスメイト」
そう 呼び合えたあの頃は
a long time ago

Mr.Children/クラスメイト 作詞:桜井和寿

<間奏>(19sec)

二番

Aメロ

何度も話し合って
決めた ルールでも
このままじゃ彼女
かわいそうさ

Mr.Children/クラスメイト 作詞:桜井和寿

Bメロ

もう時期来る
君のBirthday
迷わず僕だけを選んで
ごめんよ いつも
困らすばかりで
しばらくは彼の話はやめとこう

Mr.Children/クラスメイト 作詞:桜井和寿

サビ

君といれば
他のどんなものも
ささいな事に思えてくる
今までのキャリアもわかるけど
ねぇ 何もかも委ねてくれないか
寂しげな街の灯が消えぬ間に
I wanna hold you again

Mr.Children/クラスメイト 作詞:桜井和寿

<間奏>(24sec)

三番

Aメロ

明け方の歩道
「じゃね またね」と彼女
走り去るTAXI

Mr.Children/クラスメイト 作詞:桜井和寿

マンションのベランダに立って
手を振る僕
たまらなく寂しい

Mr.Children/クラスメイト 作詞:桜井和寿

Uh sunday night
to monday morning from…

Mr.Children/クラスメイト 作詞:桜井和寿

そして 今日も街は動き出す
生き交う人並み

Mr.Children/クラスメイト 作詞:桜井和寿

from sunday night
to monday morning…

Mr.Children/クラスメイト 作詞:桜井和寿

アウトロ(40sec)

あとがき

LIVE映像作品

NEXT

『CROSS ROAD』~やがて輝く未来へと~

ミスチルの出世作。どこか懐かしさを感じさせるアナログ的サウンドが、90年代初頭の邦楽シーンの空白にスッポリとはまった。ポップ・ソングでありながら、簡単に聴き流せない歌詞の情報量の多さは彼らならでは。 シングル 4th 発 […]

Read more